萩の旅 その4

さっそくですが前回の

萩の旅 その3

の続きです。

萩を後にして向かったのは津和野。

山陰の小京都として名を馳せる街です。

ナビで検索すると、萩を出て

内陸を進むのが一番早いようでしたが、

ワタシは海沿いを少し走りたかったので、

国道191号線経由のルートを選びました

途中、道の駅が何カ所があるので、

そこで昼ご飯を食べるのにも都合が良いと

考えたのです。

それともう一つ。

とても天気が良かったので、

奇麗な日本海を見ながらドライブしたい。

という気持ちもありました。

結果、この選択は正解で、

とても美しい海と空を見ることができました。

この写真だけ見たら、南国?

と思えるくらいの海の色でありました♪

道の駅で地元野菜を使ったカレーライスを食べたあと、

国道191号線から県道14号線に入り

津和野を目指します。

山間を走るBGMはツクツクボウシの声。

今年は暑かったせいか、

ヒグラシの声を聞けなかったのが残念でした。

この県道14号線は、川沿いを走る

ルートが多いのですが、その道中、

ずっと河川工事をしていました。

大がかりな工事だな。

と思いながら走っていると、復旧工事と書かれた看板が

何度も目に入りました

帰宅してから知ったことですが、

平成25年に大きな水害があり、

その復旧工事だったようです。

実は、このことを知らなかったのが、

ワタシに誤解を生ませたのです。

工事の砂埃を抜けて到着した津和野。

予備知識がほとんどなかったので、

ともかく水路を見に行こう。

こう思い、駐車場に車を停めて歩きました。

ウゲっ

濁ってる。。。

これが第一印象。

こんなはずじゃない。

と思って水路沿いを歩いてみるも、

ずっと濁ってる。

狭い幅の水路に不釣り合いな大きな鯉が

泳いでいるのに、それがハッキリ見えない。

とても残念な気持ちになり、

ワタシは長居せずに津和野を離れたのです。

ここでさっきの話です。

大阪に戻ってから、今回萩に行くキッカケを作った

友人と話している中で、先に書いた河川の

復旧作業により、水が濁っていたのだと知りました。

津和野を後にして向かったのは浜田市。

ここから浜田自動車道に乗り、

旭インターチェンジ近くの

旭温泉でひと風呂浴びてから

大阪に戻るつもりだったのです。

そして、浜田市に向かう道中、

『道の駅 ゆうひパーク三隅』に立ち寄りました。

海沿いにある小高い場所に立地していて

海との間に山陰線の線路が通っているのです。

鉄っちゃんならずとも、イイロケーションだと思います。

カメラで写真を撮った後、列車が通ったらイイのにな。

と思いながらスマホで動画を撮っていました。

すると、遠くから列車ののような音がする。

でもまさか、こんなにイイタイミングで通るはずがない。

と思っていたら、本当に列車が通ったのです。

いやぁ

イイもの見たな。

と思いながら旭温泉に。。。

『かくれの里 ゆかり』という温泉旅館で

日帰り温泉をしているのを知って向かいました。

標高が400mほどの所にあるため

気温が低く、涼しいのがありがたい。

とてもイイ雰囲気の旅館で、

泊まりたいと思ったけど

今回は無理…

後ろ髪を引かれるように旭温泉を離れ、

大阪に帰ったのでした。

長々と書いてしまった萩の旅も

これで終わりです。

暑くて暑くて、その熱に負けそうになった

萩の旅でしたが、2016年の夏、

一番の思い出になりました。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『9月の定休日のお知らせ』
5(月)
12(月)・13(火)
19(月)・20(火)
26(月)

 



スポンサーリンク

シェアする

フォローする