スポンサーリンク

毛染め・ヘアカラーのリタッチって何?

リタッチ

 

理美容室でヘアカラーや毛染を繰り返しする場合、
すでに染まっている部分には薬剤を塗らず、
髪の負担を軽減する技法を『リタッチ』と言います。

 

理美容関係のブログで髪のことを
真剣に考えて書いている人は、
例外なくリタッチを勧めているはずです。

理由は明瞭で、髪の負担を少なくする技法だからです。

 

ヘアカラー・毛染めや縮毛矯正のことを
ネットで調べている方は度々目にすると思うこの言葉。

 

実際にはどんなふうにするの?

と思っている方はいるはず。

と思ったので、写真を使って紹介してみます。

 

まずは下の写真を見てください。

サイドの耳の上あたりを染めているのですが、
髪が上下に分かれていて、
その分け目の部分に白髪が見えます↓

毛染めのリタッチ

 

この部分だけを染めるのです↓

毛染めのリタッチ

 

たったこれだけの話し。

たったこれだけのことですが、
自分ではできないのです。

 

話しに良く聞く「泡で染めるタイプ」の毛染めは、
自分で染める分には使いやすいのですが、
すでに染まっている部分を何度も染めることになるので、
毛先に行くほど髪のダメージが蓄積されていきます。

一方、リタッチの場合は、
すでに染まっている部分は薬剤を塗布しないので、
ヘアカラーですでに傷んでいる部分の負担が
軽減されるのです。

 

髪を1~2センチほどの幅でスライスを取り、
その部分だけを染めていく。
これを繰り返して頭を全部染めていきます。

細かい作業を繰り返し、下の写真のように、
薬剤を塗布しない部分を作ります↓

毛染めのリタッチ

 

作業だけをみれば単純な作業です。
でもこれが理美容室でこその技術なのです。

 

ショートヘアの場合は、このリタッチが
できない場合もあるのですが、
ロングヘアーや短期間で毛染めを
繰り返す方は絶対にして欲しい。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『10月の定休日のお知らせ』
20(月)・21(火)・22(水)
27(月)

コメント