ツンツンのストレートヘアにゆる~いアイロンパーマ

今日は久しぶりにアイロンパーマの話です。

 
 
本題に入る前にアイロンパーマについて知っておいてほしいことを先に書いておきます。
 
 

○アイロンパーマは髪質を選びます

・猫毛と呼ばれるような柔らかい髪
・毛染めやブリーチを繰り返した傷んだ髪
・パーマ・毛染め・矯正の繰り返しで傷んだ髪
・短すぎる髪(5センチ以下)
・長すぎる髪(15センチ以上)

これらに一つでも当てはまる場合、お断りすることがあります。

○アイロンパーマの賞味期間

アイロンパーマの賞味期限は通常2か月~3か月ですが、髪質や髪のコンディションによって左右され、場合によったら1か月程度で取れるケースもあります。

○アイロンパーマの施術間隔

髪の体力を温存するため、毎月の施術はしておりません。
最低でも三か月以上空けていただきます。

髪の体力が落ちてくるとパーマがかからなくなるので、これは良い結果を出すために必要な髪の休息期間です。どうかご了承ください。

では本題に入ります!
 
 

来店されてまず行うのは髪質のチェックです。
 
 
毛染めやカラーの履歴はなし。
太さ・長さともに問題なし。
 
 

あとは、希望のヘアースタイルとアイロンパーマの融合性の問題です。
 
 

希望されるヘアースタイルが、アイロンパーマで出来ることであれば施術にGOサインとなりますが、不可能な場合は施術できません。。。
 
 

ということで、まずは施術前の様子を↓

 
 

 
 

ツンツンのストレートヘアで、短くすると広がるような髪質に見えました。
 
 

そんなことを話していますと、お客様の口から「短くすると広がるから、長めのカットがイイですよ」と勧められていたということ。
 
 

そんなことで、ずっと長めのヘアースタイルだったそうです。
 
 

なので、今回は短くしてみたいということ。
 
 

アイロンパーマはまったく初めてで、ツンツンのストレートに少し癖をつけたいということと、横はタイトに抑えたいというご希望でした。
 
 

ここで一つ問題が!
 
 

タイトに抑えるといっても、その程度が問題なのです。
 
 

お話を聞いていると、頭皮にピタっとはりつくほどタイトなスタイルがご希望でした。

この方の髪質だと、そうしたいのはよ~く分かります。

でも、ツンツンに立ちそうな髪質とツーブロックスタイルという長さの設定から、それは不可能だと話をさせてもらいました。
 
 

その結果、サイドのボリュームは出ても良いので、癖をつけたいということ。
 
 

そんなことでアイロンパーマの施術となりました。
 
 

カット後薬剤をつけてからアイロンワーク↓
 
 


 
 

サイドとフロントは熱の入れ方を変え、パーマのかかり具合を調整しています↓
 
 

そして仕上がりであります↓
 
 


 
 

サイドのボリューム感を緩和させるため、トップにボリュームを出しています。
 
 


 
 

ツンツンストレートヘアだったので、ほんの少しのカールでも大きな変化に見えますね。
 
 

ブログ掲載のご協力、ありがとうございます。
 
 

ではまた♪
 
 

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

営業時間
AM9:00~PM7:00

『2017年7月の定休日のお知らせ』
10(月)・11(火)
17(月)・18(火)
24(月)
31(月)

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
正規販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします



スポンサーリンク

シェアする

フォローする