アイロンパーマのメリット・デメリットを考え 限界を知ることの必要性

シェアする

先週は仕事が終わってから
アイロンの講習が二回ありました。

日曜日の夜の講習は先日書いた内容なので割愛します^^
その前々日の金曜日の夜に行われた講習は
ワタシが使ったことのないアイロンと
アルカリ薬剤った講習でして、
なかなか面白い内容でありました。

このところ酸性薬剤を使うケースが多いため
アルカリ薬剤を使った軟化・膨潤の話が
妙に新鮮に見えたりしましたが、
基本の基本を再認識できたのです。

アイロンを使うパーマは再現性が高いので、
ご自分でセットをするのが楽。

ということが最大のメリットです。

逆にデメリットは、薬剤処理と熱処理の
二つのパワーを使うことによる髪のダメージ。

今回紹介してもらったアイロンは、
ボリュームを出す・抑えるというアイロンの
基本的な技術を難しくない操作で
できるように工夫されていました。

販売メーカーの業者さんも同行され、
その特性と簡単な使いやすさを聞きました。

ただ…

簡単な操作と言えど、それは売り手の
業者さんのうたい文句でして、
訓練なしでは使えません^^

どんなに便利で簡単な器具であっても
パーマをかけるということは
髪を傷めることになるので
メリット・デメリットを把握して
使って行くことが大事なのです。

アイロン講習

今回はアルカリ薬剤を使った施術でしたが、
低温でかけるため髪の負担が低く
髪の手触りは良好でした。

ただ、仕上がりはやはりアルカリのそれで
軟毛に対してはやはり厳しいところがある。

酸性薬剤を使ったとしても、
軟毛に対してのアイロンはとても難しく
ハリコシを持たせたカールを作るのは
限界があります。

昨日の講習で見えたことがあり、
次のステップを考えていく
キッカケになりました。

講習って、自分の技術を向上させる
ためだけじゃなく、思考をリセット
させてくれたり、違った方向性を
開かせてくれるものでもありますね。

=== / / / === / / / ===

東大阪の近鉄奈良線とJRおおさか東線の
河内永和駅から徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のホームページ

ご予約のお電話はコチラ↓
TEL 06-6781-6459

お店の地図はコチラ

営業時間
火曜~土曜/9:00~7:30
日曜・祝日/8:30~7:00

『6月の定休日のお知らせ』
2(月)
9(月)10(火)
16(月)17(火)
23(月)
30(月)

スポンサーリンク

フォローする