モノトーンとメタリックの色比較

先日、とあるメーカーさんがやってきまして、カラー剤の説明をしてくれました。

色々と話をしてから、何か質問はないでしょうか?

とのこと。

そのカラー剤は導入済みなのですが、他社製にはあるのに、このメーカーにはない色があるんです。

それが『モノトーン』

この色味が欲しいと伝えた所、それなら、この色を試してみてください。

と言われたのが『メタリック』という色味でした。

『モノトーン』と『メタリック』。

プロでも、どんな色なのかピンとこない人がいるかもしれません^^

それがこんな色味↓

『モノトーン』と『メタリック』

どちらも『MT』というアルファベットですが、上が『メタリック』で下が『モノトーン』という名称になっています。

印刷されている色を見ると、小学生なら『ねずみ色』というかもしんないですね(笑)

ともかく、グレイと言うか、ねずみ色と言うか、そんな同じ系統の色味でございます。

同じ6トーンですが、このラベルを見ると、下のモノートンが濃い感じですよね。

ただ、これはメーカーによってまったく違うので試してみないと分からないのです。

ということで、色味のテストをしてみることにしました。

上の写真はモノトーンを使って染めています。

素材となる毛は白い毛。

塗布量や時間を同じにして比較してみました↓

写真なので実際の色味とは違っていますが、右が濃くて左が薄いのは分かりますよね。

上に貼った写真のラベルを見ると、モノートンが濃くて、メタリックが薄い色味になっていました。

でも実際はどうなんでしょう?

その答えは表示と逆で、左の薄いほうがモノトーンで右の濃いほうがメタリックなんです。

ラベルだけを見ると、モノトーンの代用をメタリックで出来るかもしれないと思いましたが、モノトーンはモノトーンで、メタリックはメタリックだと判明したのです^^

『モノトーン』と『メタリック』

メーカーさんですから、何とかして自社のものを使って欲しいという気持ちで勧めてきたのは理解できますが、違うものは違うので、結果、今回勧められたものは、モノトーンとして使うことは出来ないことが判明したのです。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
正規販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『2017年 1月の定休日のお知らせ』
16(月)・17(火)
23(月)・24(火)
30(月)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク