スポンサーリンク

フィンペシアで育毛を再開してみる2

 

約2か月前に再開したフィナステリドを飲む育毛。

 

その時に書いたのが下のブログです↓

 

フィンペシアで育毛を再開してみる

フィンペシアで育毛を再開してみる
2年ほど前に育毛日誌をブログで書いておりました。 この時は、AGA(男性型脱毛症)の治療薬、フィナステリドを含む『フィンペシア』と、日本では『リアップ』という発毛剤に含まれている『ミノキシジル』のタブレットを飲用していたのです...

 

2か月経った今、ワタシの髪がどのように変化したのか?

育毛を始めた時の写真を見てもらいましょう↓

 

 

 

見事に頭皮が透けています(笑)

 

 

結果を伝える前に、この2か月間にどのようなことが起きたのかを書いてみたいと思います。

 

フィナステリドの服用を始めて最初に起こるのが『初期脱毛』です。

 

通常、4年から6年伸び続ける髪の寿命が短くなり、その結果起こるのが『男性型脱毛症』と言われています。

フィナステリドは、髪の寿命を通常の状態に戻すような働きがあります。

 

髪の寿命が通常に戻る

これを言い換えると

脱毛の予防

という事ができます

 

短命だった髪の寿命が正常に戻る際に、よく起きることとして、先ほど書いた『初期脱毛』があるのです。

 

初期脱毛が起こっているときにシャンプーをすると、排水溝に流れていく髪の量に驚くことがあります。

 

そんな状況が服用を始めてから2週間ほど経ってから出始め、今回は、服用を始めて1か月半ほど経つころまで続きました。

 

シャンプーのたびに抜けていく髪を見ていると

そもそも少ないのに、こんなに抜けてどうする!

と叫びたくなるのをぐっと我慢して、服用を続けます(^▽^;)

 

 

そして約2か月経った現在は、初期脱毛が収まり、本格的な育毛はここから、というスタート地点に立った感じです。

 

実はあまりの初期脱毛の激しさと透けていく頭皮に驚き、半月ほど前にミノキシジルの服用もはじめました。

ただし、以前副作用が出たことがあるため、5mgのものを4つに割ったものにしています。

これだと、今のところ体の変化は起きていません。

 

そんなことで、今の状態を見ていただきましょう↓

 

 

 

どこが変わったのか?

と言いたくなりますよね^^

 

何も変わっていない、というか、初期脱毛で、むしろ薄くなったかもしれません(笑)

 

 

年齢の影響もあるのでしょう、結果が出るまで時間がかかりそうな気がしています。

そして、結果が出たとしても、大幅な改善はないだろうと感じています。

 

でも、抜け毛に抵抗するために、しばらく続けるつもりです。

 

 

 

 

—————–

 

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

 

営業時間
AM9:00~PM7:00

 

 

『2017年9月の定休日のお知らせ』
11(月)・12(火)
18(月)・19(火)
25(月)

 

10月8日(日)は、店長の予約は午前11時で終了します

 

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
正規販売・取扱店

 

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

 

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

 

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

 

コメント