デジタルパーマってショートヘアや軟毛に、どれくらい使えるのか?

シェアする

デジタルパーマ。

というものがあります。

デジタルがあるということは、アナログがあるのか?

と考える方がいるかもしれませんね。

でも、アナログパーマという呼び方をするパーマは、一般的にはありません^^

このデジタルパーマの原理は、アイロンパーマと同じでして、薬剤を塗布した髪にロッドを巻き、そこに熱処理を加えることで髪に癖をつけるものなのです。

ただ、アイロンパーマのように短い髪には向きません。

これを話すとヤヤコシイので割愛しますが、デジタルパーマでショートヘアに対する可能性はないのだろうか?

それを知りたくて講習に行ってきました。

デジタルパーマに使うロッドには電極がついています。

巻いたロッドに電線をつけます↓

そこに熱を加えていき、熱を加えることによって髪に癖をつけていきます。

このようにして癖がついた状態が下の写真↓

ロングヘアのモデルさんの髪がきれいにカールが出ています。

見た目は普通のパーマと同じですよね。

でも、このデジタルパーマの場合、アロインバーマと同じで、髪が乾いている状態で癖が出て、濡れるとカールが伸びます。

ということは、再現性が高いということになります。

となると、手入れが楽なんですよね。

ワタシがデジタルパーマで興味深いことの一つが、低温で施術できるということ。

アイロンパーマの場合、100度を優に超える温度で施術します。

一方、デジタルパーマの場合、70度前後の熱で施術するので、温度だけでみれば髪の負担が少ないのです。

ただ、アイロンパーマの場合、髪にアイロンが接する時間は1分もありませんが、デジタルパーマの場合、20分や30分という時間を要します。

高い温度が髪に負担を与えるのは当然

ただ、温度が低くても、時間が長くなるとダメージは進みます。

どちが髪に優しいのか?

と問われると、ワタシには分かりません。

髪のダメージも気になるのですが、ワタシの興味は、アイロンパーマがかからない『軟毛』に対して、どの程度の対応力があるのか?

ということでした。

実のところ、講習に出ても答えは出ていません。

軟毛に対する対応力があったとしても、ショートヘアが多いメンズの方にとっては、まだ機材の制限があるため、たくさんのデータを得ることが出来ませんでした。

でも、将来的にどのように変化していくのか分からないので、思考を停止させないために勉強を続けていくつもりです。

ではまた♪

—————–

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

営業時間
AM9:00~PM7:00

『2017年9月の定休日のお知らせ』
11(月)・12(火)
18(月)・19(火)
25(月)

10月8日(日)は、店長の予約は午前11時で終了します

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
正規販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

スポンサーリンク

フォローする