ショートスタイルの刈り上げをオーダーする時、上手く伝える方法

シェアする

台風が近づいているせいもあり、
蒸し暑くなっていますね。

そんな蒸し暑さも手伝い、
ショートスタイルのオーダーが多くなっています。

そこで今日は、ショートスタイルの中でも
サイドとバックを短くする刈り上げスタイルを
オーダーする際に、写真やイラストが無い場合、
どのように伝えるといいのか?

そんなことを書いてみようと思います。

というのも!

言葉だけで希望のスタイルを聞いた時、
技術者の感覚とお客様の感覚で根本的に
違っていることがありまして、
そうなると、希望のスタイルになかなか
たどり着けなくなってしまうのです。

「刈り上げ」というスタイルには幅があるのですが、
これは技術者サイドで理解していることであって、
お客様は、かなり絞り込まれたスタイルのみが
「刈り上げ」と思っている場合が少なくない。

それを写真を使って説明してみます。

まずはこの感じを見てください↓

刈り上げスタイル

キリっとシャープで地肌が見えるくらいの
ショートスタイルです。

これはすべての人が刈り上げ。

と言われると思います。

では次にこの写真↓

ショートスタイル

これは刈り上げでしょうか?

上の写真からすると長いし、シャープじゃありません。

でも、実はこれも刈り上げスタイルなのです。

でも、この手のスタイルをオーダーをされるときに、
お客様の口から「刈り上げないで短めに」と
言われることがあるのです。

初めてご来店の方であれば、
スタイルブックを見て話を詰めていくのですが、
常連さんの場合、お互いが分かっていると
勘違いしてしまい、カットが終わってみると、
お客様の希望からすると長い…

こんなことがあります。

これは、先ほど書いた「刈り上げないで短めに」と
言われたことで、技術者の物差しでカットしてしまい、
耳にかからない程度の長さに設定してしまうのです。

でもお客様は、2枚目の写真の短さを希望していた。

技術者が想定する「刈り上げない程度の短さ」

お客様が希望する「刈り上げない程度の短さ」

この差が出てしまいます。

では、言葉だけどどのようにオーダーすればいいのか?

答えはいくつかあるので書いてみましょう。

・長めの刈り上げ
・白くならない程度に刈り上げ
・ルーズな刈上げ

こんな感じでオーダーすると、
技術者は分かりやすいはずです。

3つめの「ルーズな刈上げ」というのは、
刈り上げの「面」を綺麗に揃えたくない場合に
オーダーすると良いでしょう。
「白くならない程度でルーズな刈上げ」。
こんなオーダーも有りですね!

ついでに話しますと、もしスタイルブックがある場合、
全体像が希望のスタイルでなくとも、

前髪はこの写真くらい。
横と後ろはこの写真くらい。

こんなオーダーの仕方も良いと思いますよ。

ともあれ、言葉だけでヘアースタイルを
伝えるのって難しいですよね。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP
TEL 06-6781-6459

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『8月の定休日のお知らせ』
4(月)
11(月)
18(月)・19(火)・20(水)・21(木)
25(月)

スポンサーリンク

フォローする