LCCのピーチ覚書。台風で翌日に飛ぶことになった飛行機が 欠航ではなく遅延になっていました

シェアする

お盆は11日(月)を除き営業しております。

夏期連休は18日(月)~21日(木)となっています。

8月9日に書いたノロノロ台風11号の影響で、
飛行機が予定日に飛ばず、
子供とその友達は翌日の帰宅となりました。

飛行機が飛ばず、その日のうちに
帰れないことが分かったので、
急遽ホテルに一泊して大阪に帰ってたのです。

一泊延長となって、ぐったりしているかと思いきや、
その時間も楽しかったようで、
たぶん一生忘れられない旅になっただろうと、
親の目には映っています^^

延泊になった原因は台風ですから、
これは仕方がない。

今回の過程で、経験したからこそ
分かったことがあったので、
休みの日のブログネタとして
取り上げることにしました。

今回利用した航空会社はLCCのピーチ。

格安ゆえ遅延は頭に入っていたのですが、
今回の件で、これが遅延?

と感じたことがあったので
覚え書きとして書いておきます。

本来戻ってくる予定日は8月9日でした。
出発の定刻は午後8時55分。

沖縄から大阪へのピーチ最終便です。

ということは、この便が飛ばない場合、
大阪には戻ってこれないのです。

確認はしていないのですが
大手のANAやJALは、8月9日の夜、
大阪への便は飛んでいたと思われます。

だから、ピーチをキャンセルして
大手にに乗り換える手もあったのですが、
その場合は正規運賃になるので
運賃があまりに高い。 。。

おまけに、ピーチの安いチケットを買った場合は
便の変更はできないし、
自分の都合でキャンセルした場合は
お金がまったく戻ってきません。

こんな理由を色々考えたあげく、ホテルを探すと、
素泊まりで一泊5000円もしないところが
いくつかあったので、
今回は延泊することにしたのです。

で、ワタシが「これが遅延?」と感じたことは。。。

最終便がその日に飛ばずに翌日になった場合、
過去の経験から考えると遅延じゃなく
欠航だと思うんですよね。

でも、ピーチの場合は欠航じゃなく
遅延扱いにするのです。

なぜこんな扱いにするのでしょう?

ワタシが考えた理由としては、遅延にした場合、
払い戻しをしなくていいんですよね。

欠航だと払い戻しをしなきゃいけない。

これを避けるため、
翌日にならないと飛ばない飛行機であっても、
遅延扱いにしてしまうのだと思うんです。

下の写真は、運行案内に記載されていたものです。

14_08_11a

子供たちが乗ったのは、
上から4つ目の「MM9220便」です。

予約の段階では「MM220便」だったのですが、
遅延扱いで出発時間が翌日になってから
便名が変わりました。

元の便名を引き継いでいるものの、
正確には違う便になっているのです。

そして、定刻11:05となっていますが、
実際には13:44となり、さらに遅れました。

でも、この遅れは台風の影響があるので
仕方がない。

しかし!

運行情報がリアルタイムには反映ないのです。

「飛行機に乗りこむ」

と連絡がきたあと、運行状況を見ているのに
「出発済み」の案内がなかなかされないのです。
待っている方とすると、これはけっこうヤキモキします。

以前、JALで沖縄から帰ってくる時に
こんな経験をしたことがあります。

この時はは台風ではなくJAL側の理由で
最終便が飛べないことになったのです。

もちろん欠航扱いでした。

で、翌日の早朝に代替便を出すので、
それに乗る方は手続きをお願いします。
という流れでした。

更に!

その日の宿泊代として、大人も子供も関係なく、
一律1万6千円の宿泊費を払ってくれたことが
ありました。

当時はジャンボだったので、すごい金額になるな…
と、思ったのを記憶しています。

そして今回のピーチ。

もちろん大手と一緒の対応ができないのは
分かっています。

でも、翌日になる飛行機が遅延ってことに
違和感を抱いたのです。

以上、ピーチ覚書でありました。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP
TEL 06-6781-6459

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『8月の定休日のお知らせ』
11(月)
18(月)・19(火)・20(水)・21(木)
25(月)

スポンサーリンク

フォローする