髪のダメージが少ない香草カラーの白髪染め

シェアする

オーパス21では白髪染めに使用する薬剤を
4種類用意しています。

通常のカラー剤
白髪ぼかし
ハナヘナ
香草カラー

この中でアルカリ性じゃないのは
香草カラーとハナヘナです。

ハナヘナと香草カラー

非アルカリ性を使用する最大のメリットは、
髪の負担が少ないということ。

香草カラーとハナヘナは特性が違うため、
同じ非アルカリとはいえ、
染まる色味が違うため
同じ土俵で比較しにくいことを
前置きしてから本題に。

今日は白髪染めの話が中心なので、
ハナヘナよりも白髪のカバー力が強い
香草カラーを中心に話を進めます。

現在、当店では白髪染めをしている方の
半分以上は香草カラーを選択されています。

香草カラーを導入してから、
通常のカラーをしている方に、
お試しで染めさせていただくと、
その後は100%に近い確率で、
香草カラーを選択されます。

言い方を変えると、アルカリカラーから
切り替えておられます。

香草カラーはハッキリ言って、
アルカリカラーより染まりが悪いのです。

このことは最初にお伝えしています。

その上で染めさせていただきます。

その結果、手触・ハリコシ・ツヤ感の
三つのうちのどれかに納得していただき、
それが次回のリクエストに繋がっているようです。

昨日来られたお客様は、
2度目の香草カラーを
施術させていただいたのですが、
シャンプーをしている時の手触りが
明らかに良くなっていました。

ドライヤーで乾かすと、
アルカリカラー特有の
「ザラザラ感」「ギシギシ感」が
軽減されていました。

毛先のアルカリカラーの
ダメージを受けている部分がなくなると、
更に手触りがよくなると思われます。

ここまで読んでくると、香草カラーは傷まない。
と感じる方がおられるかもしれませんが、
そうではありません。

ダメージはあります。

でも、アルカリカラーのダメージと比較すると、
はるかに低いダメージで済みます。

これが香草カラー最大の長所だと思います。

いかがでしょう。
こんな毛染め。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『9月の定休日のお知らせ』
29(月)

『10月の定休日のお知らせ』
6(月)
13(月)・14(火)
20(月)・21(火)・22(水)
27(月)

スポンサーリンク

フォローする