赤ちゃん筆を作るとき、女の子の場合は注意してほしいことがあります

スポンサーリンク

 

先日「赤ちゃん筆」について
問い合わせのお電話をいただきました。

そのお問い合わせは
『筆を作りたいのですが、
長さはどれくらい必要なのか?』
というお話。

ということで

お電話で筆を作るのに必要な髪の量や
長さを説明させていただきました。

ちなみに筆を1本作るのに必要な長さは5~6センチ。
必要な量は髪をきつく束ねて8mm以上となっています。

赤ちゃん筆を作るときに必要な長さと量

 

長さについては理解いただけると思うのですが、
分かりにくいのが量です

 

赤ちゃんによって髪の量や太さががバラバラなので、
一様ではありません。

これを判断するのは経験に頼るしかないのです。

 

実際にカットをする際に気をつけて欲しいことなども
お伝えしたところ、

「一度見てもらって良いですか?」

とのお話。

ということで、予約の空いている時間をお伝えして、
来ていただきました。

 

時間になり、お母さんに抱っこされて来てくれたのは、
まだ1歳になっていない女の子(可愛い)

 

見させていただくと、髪の量も長さも十分でした。

そのことを踏まえ、赤ちゃん筆のパンフレットに
載っている長さや量を示した資料を
お見せしながら説明させていただきました。

 

現状で筆を作ることは可能なのです。

 

ただ、その長さを確保するためにカットすると、
当然短くなります。

となると、女の子の場合、
ふさわしくないヘアスタイルに
なってしまうことがあるのです。

 

このことをお伝えすると、随分悩まれてから…
「もう少し伸びるまで待ちます」とのこと。

ある程度の長さがあると、
スタイルを作る余裕があるので、
伸びるまで待つ選択をされた訳です。

 

男の子の場合、カットした後に短くなっても、
似合う場合が多いのですが、
女の子がボーズに近い長さになってしまったら、
やっぱり可愛そうですよね。。。

 

赤ちゃん筆を作るとき、男の子と女の子で
こんな違いがあるので、赤ちゃん筆を
作ろうと考えている方は、
頭に入れておいてくださいませm(__)m

コメント