プロのスキンヘッドの制作過程

シェアする

ホーズにしたい。

というリクエストを受けました。

できるだけ短くしたいとの希望だったので、

一番短い0.8mmでカットするつもりでした。

ところが

色々話していると、

どうやらスキンヘッドにしたいらしい。

おいおい
ほんとにイイの?

彼は高校生なのです。 。。

この後の話しは後でするとして、

ボーズにしたい彼の

シャンプー後のビフォー写真を↓

スキンヘッド制作過程

ここ1年ほどは、伸ばす方向だったので、

そこそこの長さがあります。

スキンヘッドとは、

頭皮をカミソリで剃るスタイルです。

最終的にはカミソリで剃るにせよ、

この長さをいきなりカミソリで剃ると、

頭皮に負担がかかる(痛いのです)し

時間がかかります。

技術者の判断によるでしょうが、

ワタシは無理はしません。

何よりお客様に負担をかけたくない。

スキンヘッドにする前に

一旦バリカンでボーズにしてから

カミソリで剃るのです。

今回、施術前の会話の中で、

ボーズにしたいことは揺るがないものの、

スキンヘッドに関しては、

まだ迷っている感触があったので、

この工程がなおの事ベストだったのです。

彼は保育所に通っているころからのお客さんでして、

みんなが通る道である反抗期もあり、

あまり喋ってくれない時期もあったのですが、

今はよく話してくれるのです。

その会話の中で、何度も意思確認をしていると、

『なぜスキンヘッドなのか?』ということを

話してくれたのです。

理由は詳しくは書けないのですが、

仲の良い友人を思いやっての行動だったのです。

そーか
そーか
ちゃんと理由があったんや。

そーと分かったら、オジサンも迷いなく仕事ができる!

ということで。

今日はスキンヘッドの制作過程を

写真にて紹介してみたいと思います。

再びビフォー写真↓

スキンヘッド制作過程

先に書いたように、いきなりカミソリは使いません

まずはバリカンで下地を作ってから剃るのです

がっ!

バリカンを入れるにも長いので、

耳回りと後ろをハサミでザックリと切ります↓

スキンヘッド制作過程

ここからバリカンを入れていきます↓

スキンヘッド制作過程

後ろにバリカンを入れたところですが、

この写真だと、チト分かりにくいか(^_^;)アセアセ…

全体をバリカンでカットした状態です。

長さは0.8mm↓

スキンヘッド制作過程

これでも、剃ったのと変わらないんじゃないの?

と思う人もいるでしょう。

でも違うんです。

ここからカミソリで剃っていきます。

背もたれを倒し、頭皮に泡をON!

スキンヘッド制作過程

ジョリジョリ

ジョリジョリ

ジョリジョリ

0.8mmの髪を剃っていきます。

で、その途中↓

スキンヘッド制作過程

上の白い部分が剃ったところ。
下の黒い部分が0.8mmの部分であります。

けっこう時間がかかります。

ジョリジョリ

ジョリジョリ

ジョリジョリ

剃り終わってからシャンプーして、

顔そりをして出来上がり↓

スキンヘッド制作過程

一部赤くなっているのは、

顔そりの時に枕に当たっていた部分です^^

こんな感じでスキンヘッドを制作しております。

後の手入れはどうするの?

と聞くと

彼は自分で剃ると話していました(笑)

ではまた

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『11月の定休日のお知らせ』
3(月)
10(月)・11(火)
17(月)・18(火)
24(月)

スポンサーリンク

フォローする