真っ黒にしない白髪染めはいかがでしょう

シェアする

白髪は気になるけど、
染めて真っ黒になるのは嫌。

または

白髪を目立たなくしたいけど、
白髪染めには抵抗がある。

そんな方にオススメしたいのが、

ワタシがオススメする

キッチリ染めない

真っ黒にならない

白髪染めでございます

言葉で説明しても分からないので、

写真で説明していきましょう。

モデルはワタクシでございます。

ワタシはサイドに白髪が集中して生えています。

こういった方はとっても多いのです。

このブログに興味を持たれた方の中に、

『私も!』と感じた方は少なくないだろうと思います。

染める前

サイドに白いのが目立っているでしょ。

皮膚が透けて見えない程度の

ベリーショートのスタイルにカットた直後です。

ここに魔法をかけます(笑)

すると、こんな感じに白髪が目立たなくなるのです↓

黒くならない白髪染め

白髪があるのは分かる。

でも、真っ黒には染まっていません。

こんな感じに染めると、

ごま塩の白髪頭が突然真っ黒にならないので、

染めた後、極端に印象が変わりません。

これが狙いです。

真っ黒にしない白髪染め

メリットは

施術時間が短い
(放置時間は3~6分)

放置時間が短いので
髪のダメージが少なくて済む

通常の白髪染めよりも少し安い

こんなメリットがある一方

色落ちが早い

ワタシのように白髪が注中して生えている人は、
染めてもその部分が白いのが分かる

キッチリ染まらない(意図的ですが…)

前回染めた髪が残っていると
染めるたび、毎回同じ色にはならない。

こんなデメリットもあります。

—– ///// —– ///// —– ///// —–
染めるたびに毎回同じ色にならない
ということは補足しておく必要があるので、
ちょっと書かせてもらいます。

仮に元の白髪を100として

通常の白髪染めをした場合

それが0(ゼロ)になるとします。

そこに白髪染をした場合

50になったとしましょう。

そして1か月後にまた、この方法で染めた場合、

前回染めた部分が残っていると

キッチリ50にはならないのです。

毛染めは時間とともに退色(色が落ちる)

するので、1か月後に30になっていたとします。

数字では20足せばいいこと。

と簡単なのですが、毛染めはそう簡単じゃない

結果が40であったり60であったりします。

肝心なのは100にはならないということ。

これがこの白髪染めの狙いです。

—– ///// —– ///// —– ///// —–

要は染められる方の感性とお好み次第です。

ワタシはこんな感じに染めるのが好きなんですよね。

真っ黒にしない白髪染め

この手の染め方は、すでに『白髪ぼかし』

というメニューがあるのですが、

今回はワタシがスペシャルブレンドした

カラー剤を使っております

染める『キッチリ染めない白髪染め』。
いかがしょうか?

ではまた

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『11月の定休日のお知らせ』
17(月)・18(火)
24(月)

『12月の定休日のお知らせ』
1(月)
8(月)・9(火)
15(月)・16(火)
22(月)
29(月)は営業します

スポンサーリンク

フォローする