Conegawaハケを入手しました

ようやく届きました。

このハケが↓

Conegawaハケ

特許出願中の「Conegawa」というNEWアイテム!

これはヘアカラーの際に使用する刷毛でございます。

ハケにも色々ありまして、形も価格も種々雑多。

たくさんある中から、これを選んだのは訳がある。

理美容室でヘアカラーをした時に、

カラー剤を塗布するハケで

頭皮がチクチクしたことがありませんか?

以前、うちもそんなハケを使っていました。

ハケって消耗品なので、

メーカーが無料でくれたものなどを使っていたのです。

おそらく多くの理美容室で

こんなことはあるはずです。

ハケはこんなもの。と思っていました。

今思うと、無料で配られるものは

多くのものは作りが荒くて、

ハケの毛先が刺さるように

チクチクするものがあったのです。

かといって、そこそこの値段のものでも、

こういったものがあったのも事実です。

4~5年前だったでしょうか、

チクチクを改善したハケが出たので、

ワタシは飛びつきました。

現在使っているハケは、

この頭皮がチクチクしないタイプを使っていまして、

これはこれで悪くないのです。

でも、「Conegawa」は、このハケよりも、

もっとこだわりを持って作られているものなのです。

こだわったのはハケの毛の太さ。

なんと、人の髪の毛の一般的な平均値よりも

細いもので作られているのです。

髪の毛よりも細い毛で作られたハケで

毛染めをすると、よく染まるのか?

ワタシが考えるに、髪の太さよりも細いもので

塗布するほうが、髪と髪の間に薬剤が

行き届くような気がするんですよね。

ただ、今はまだ、発売開始から日が浅いので、

まだ検証が足りていない状況のようです。

一般的に出回っているハケの毛の太さは

0.2mmだそうです。

これに対して髪の毛は0.075mm。

で、このConegawaハケは0.01mm!

細いでしょ。

手で触ってみると、とても柔らかくて、

女性がメイクをする時に使う化粧筆のように

気持ちいいのです。

さっそく使ってみました↓

Conegawaハケ

薬剤の含みが良いことと、

塗った時の感覚が滑らかです。

肝心の染め上がりですが、

「お~ 全然違う!」というほどの驚きは、

正直ありませんでした。

ただ、お客様が頭皮で感じる感覚が、

これまでのハケとは一味違うはずです。

染まり具合は肝心な要素ですが、

お客様が頭皮で感じる感覚も大切な要素。

使い続けて検証を続けていきます。

ではまた

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『11月の定休日のお知らせ』
24(月)

『12月の定休日のお知らせ』
1(月)
8(月)・9(火)
15(月)・16(火)
22(月)
29(月)は営業します

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク