HC塩基性カラーで、根元までしっかりと白髪染め。ジアミンかぶれの方におすすめです

昨日のブログに続き、今日もHC塩基性カラーの話を。

これまでは香草カラーで染めていた方に
HC塩基性カラーを使って染めることになりました。

というのも、昨年12月に染めたのち、
いつも使っていた化粧品が合わなくなったことを聞いたのです。

香草カラーにはジアミンが含まれています。

このジアミンに合わない人はかぶれることがあるため、
今回はHC塩基性カラーにしましょうとなったのです。

昨年暮れに染めた際、毛染めで問題はなかったものの、
用心のため、HC塩基性カラーにしたということです。

では染める前のビフォー↓

染める前のビフォー

染める前のビフォー

白いのがずいぶん伸びてます。。。

ここにHC塩基性カラーを塗布↓

HC塩基性カラー

一番気になる生え際にも塗布↓

HC塩基性カラー

写真のように、リタッチと呼ばれる、
気になる所にだけHC塩基性カラーを塗布します。

HC塩基性カラーがいくら髪に優しいとはいえ、
ダメージはゼロじゃありませんから、
可能な限り、負担をかけないようにしたいのです。

塗布が終わったら、加温して15分↓

HC塩基性カラー加温

続いてラップをはずして5分…

そしてシャンプー…

HC塩基性カラー

通常のヘアカラーと比較すると、白髪は少し浮いています。

言い換えると染まりが悪い。

黒に近い色にすることも可能なのですが、
とってつけたような黒になってしまうので、
ずっと毛染めをしていた方にとっては、
これくらいのほうが自然に感じると思います。

この染まり方で納得できるなら、
ジアミンでかぶれる方にとっては、
根元までしっかり塗布できるHC塩基性カラーは、
救世主だと思います。

HC塩基性カラー

HC塩基性カラー

昨日書いた皮膚についた薬剤のこともフォローしておきましょう。

生え際のアップです↓

HC塩基性カラー

ね。

皮膚には色味がほぼ残っていないでしょ。

マニキュアを頭皮にべったり塗布したら、
こんなに綺麗に取れません。

これもHC塩基性カラーの利点です。

オーパス21のヘアカラーの幅がぐっと広がりました!

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2月の定休日のお知らせ』
16(月) ・17(火)
23(月)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク