髪のボリュームアップや立たせるための下準備はシャンプーとトリートメントです

シェアする

昨年10月3日に書いた

ドライヤーで髪にボリュームを持たせたり、立たせる時に使えるコツとテクニック

というブログがありまして、これがよく読まれる人気記事としてサイドバーに表示されています。

昨日来られたお客様を施術していて、このブログのことを思い出したのは、髪を立たせるための工夫をお伝えしたからでした。

その方の髪はいわゆるシリコンヘアーで、ツルツルしています。

使っているだろうと思われるシャンプーをワタシが口に出すと、当たっていました。

おそらく理美容師さんなら、二つくらいのブランドが頭に浮かぶと思います^^

このシャンプーを継続して使う方の髪は、とても特徴があるのです。

カットした髪が床に落ちますよね。

理美容師はその髪を踏むことになります。

すると、髪がツルツル滑るんです…

例えて言うなら、オイルを含んだ髪を踏んだような感覚で、よく滑るんです。

なぜ滑るかと言うと、髪にシリコンの被膜が出来ていて、そのシリコンがオイルのように滑るのです。

こんな髪は、立たせるには不向きな状況。

滑るようになるのは、先に書いたように継続して使う方で、詰替え用のサイズを使っている方は、ほぼこうなります。

使い始めた当初はシリコンが髪に被膜をつくり、ツルツルサラサラで手触りもよくなります。

やがて、髪がベタついたりボリュームが出なくなってくることがあるのです。

髪にボリュームを出す下準備はシャンプー&トリートメント

状況説明をしたところで髪を立たせる話に。

ここからは話が早い。

繰り返しますが、シリコン被膜が重なると髪が重くなります。

重くなると髪がふんわりしませんよね。

となると…

髪を立たせるのが難しくなるのです

ここで出るのが

髪を立たせるための下準備。

それはシャンプーなのです!

頭皮別の対応

頭皮が脂っぽい方は皮脂を落とすシャンプーを使い、しっかり洗ってしっかりすすぐ。

乾燥症の方は、頭皮の保湿は保ちつつ、スタイリング剤などはしっかり落とすシャンプーを使い、こちらもしっかりすすぐ。

脂性・乾燥性の方ともに、当然ノンシリコンタイプがおすすめです。

ダメージヘアの対応

ダメージヘアの方は、頭皮よりも髪のことを優先したくなるでしょうが、今日の話は髪を立たせることです。

まずは頭皮の環境を整え、髪が立ちやすいようにしましょう。

とはいえ、ダメージで髪がガサガサ・バジバシしてる場合は放っておけないですよね。

そんな時はダメージが気になる部分にだけトリートメントを最低限の量だけ塗布しましよう。

ここで注意して欲しいのは、トリートメントは頭皮につけないようにすること。

頭皮につけると髪のボリュームが出にくくなります。

とはいえ、ショートヘアの方は頭皮につけずにトリートメントするのは無理ですよね。

そんな場合はしっかりとすすぐようにしましょう。

下準備が終わったらセットしましょう

これで下準備が完了です。

シャンプーが終わってからは、ドライヤーを上手く使って立たせましょう!

そのあたりは先に書いたこのブログを参考にしてくださいね↓

ドライヤーで髪にボリュームを持たせたり、立たせる時に使えるコツとテクニック

髪を立たせるコツ

最後に一言。
これだけ準備したからといって、簡単に行かない場合もあると思います。

簡単にできないから、みんな悩む訳ですからね^^

オーパス21では、その方に合ったシャンプーやトリートメントを使い分けています。

シャンプーとトリートメントが必ずしも同じメーカーじゃないこともあります。

そして、人はみんな髪質や生え方が違うので、必ずそうなるとは言えないのです(;´▽`A“

でも、少しでもセットが楽になるようにするには、これらのことが必要です。

一度お試しください。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年3月の定休日のお知らせ』
9(月) ・10(火)
16(月) ・17(火)
23(月)
30(月)

スポンサーリンク

フォローする