リンス・トリートメント・コンディショナーはするほうがいいの?

リンスはするほうがいいの?

この質問よく受けるんです。

ほとんどは男性です^^

ここで言うリンスとは、コンディショナーやトリートメントも同じものとして考えます。

写真はバーデンスシャンプーとトリートメント

バーデンスシャンプーとトリートメント

さっそくですが、この質問の答えは?

YesとNoの両方あるのです

YesとNoを判断するのは、お客さんの髪を診断してからになります。

Yesの場合、リンス・トリートメントをするほうが良い。

Noの場合、リンス・トリートメントは必要がない。

シャンプーとリンスはセットになっていて、絶対に必要だと思っている方もおられますが、必ずしもそうではない!

とワタシは考えます。

リンスやトリートメントの目的は、傷んだ髪の修復と考えている方がいると思いますが、一度傷んだ髪は元には戻りません。

じゃあなぜ、リンスやトリートメントをしたら、髪の手触りが変わるの?

と言いたくなりますよね。

あれは手触りをよくする保湿成分や油脂成分によって感じているだけ。

決して髪が修復された訳じゃありません。

イメージ映像で、傷んだところから補修成分が髪に浸透して輝く髪に戻るような幻想を持たされているだけなのです。

本当に修復されたのなら、シャンプーした時にきしんだりしないはず。

でもそうじゃありませんよね。シャンプーをしたらギシギシする。

だからまたトリートメントをする。すると治ったような気がしているたけ。

こんな理由がYesとNoの両方の答えがある、という根拠です。

答えは単純明快。

毛染めやパーマによって髪が傷んでいたら、セットがしずらくなったり、髪の落ち着きが悪くなることがあるので、リンスやトリートメントが必要だと思います。

一方、髪のダメージが無い場合、必ずしも必要ありません。

ただ、乾燥性の方で、髪がパサつく方はするほうが良いでしょう。

この判断をするために、髪を診断するのです。

ショートヘアで、毛染めやパーマをかけておらず、脂性の方の場合、リンスやトリートメントは必要ありませんと、ワタシは答えます。

リンスやトリートメントをすることで、髪に重さやベタつきが出る可能性があるので、しないほうが良い。

あと、ボリュームが欲しい方もしないほうが良いケースが多いですね。
ただし、これは、髪質と相談してから判断するほうが良いでしょう。

こんなことで、リンスやトリートメントは必ずしも必要ではないのです。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年3月の定休日のお知らせ』
16(月) ・17(火)
23(月)
30(月)

スポンサーリンク