くるりんぱの土管アイロン講習

昨日のブログに続いて土管アイロン講習の第二弾!

今回の講習はアイロン技法の1つ、土管アイロンが主題です。

ワタシは理容師とういことに加え、修行時代はアイロンを使ったメニューが流行していたので、アイロンについては多少の知識と経験を持っています。

熱の入りかたやその見極めかたなどは、ある程度の経験が必要だと感じています。

ただ、その経験があっても難しいのがアイロンでして、仕上がりが乾くまで分からないのです。

ヘアカラーやその前のパーマなどの履歴が分かっていても難しい。

少々言い過ぎかもしれないですが、土管アイロンのような施術で髪を曲げるよりも、真っ直ぐ伸ばすほうが簡単だとも言えます。

とにもかくにも、アイロンは奥が深い仕事の1つなのです。

昨日も書いたように、渡邊さんは女性モデルさんの施術。

渡邉さん

渡邉さん

そして浦さんは男性モデルさん。

浦さん

浦さん

どちらも土管アイロンを使い、毛先に動きと表情をつけていきます。

浦さんのモデルさんは、お客さまということ。

カラーが入っていて、縮毛矯正の履歴はないらしいのですが、毛先にビビリのような癖があり、全体に捻転する癖がありました。

このような癖毛は、艶が出にくく広がりやすい性質を持っている場合が多い。

根元の立ち上がりがあるので、ボリュームを出すには適していると思います。

薬剤をペタペタと塗り、放置時間が来たら一旦流します。

それからのアイロンワークであります。

くるりんぱの土管アイロン

クルリンパとなってますなぁ\(^o^)/

これからガツンと酸化処理。

ブワァーっと乾かしてから、スプレータイプのスタイリング剤をブワァーとかけて仕上がりです。

くるりんぱの土管アイロン

フムフム
根元の立ち上がりが出ていていい感じに仕上がっておりますなぁ。

そして渡邊さんの仕事も紹介しなきやいけません。

くるりんぱの土管アイロン

渡邊さんのモデルさんは長さがあり、カールの作り方が違っておりました。

これは二人講師の講習に出た最大のメリットですな。
名古屋まで行った甲斐がありました!

これから酸化してからの仕上がりです。

仕上がり

ボブ!
っていう仕上がりですよね。

フワフワした毛先の入りかたがなんともいい感じ。

女性らしい定番スタイルで、仕上がりも柔らかくてしなやかに動く感じです。

矯正しながら毛先を曲げるという技術は、とても需要の多いものだと感じています。

男性の場合、癖は嫌だけど、ピンピンのまっすぐにしたい訳じゃないという方が多いはず。

増えた引き出しは、使う機会が多いと思われます。

お二人の技術を見せてもらうことで、また引き出しが増えたことになります(^^)v

渡邊さん、浦さんありがとうございました。

渡邉さんと(実は同級生^^)

渡邉さんと

浦さんと

浦さんと

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年3月の定休日のお知らせ』
23(月)
30(月)

スポンサーリンク