顔そり・シェービング使うカミソリ。今回は1枚刃について

顔そり・シェービングで使う道具はカミソリです。

カミソリを使えるようになるため、相当の練習をする訳ですが、お客様との会話でよく出てくるのが、風船にシャボン(泡)をつけて剃る練習するの?

という会話(笑)

完全にテレビの擦り込みだと思うんですが、ワタシは風船に泡をつけたことさえありません…(^.^)

先日来店されたお客様との会話で、またカミソリの話になりました。

来店されたとき、いつも綺麗に眉を揃えておられるので、どんなカミソリを使っているのか、ワタシが興味を持ち尋ねたのです。

すると、そのお客様が使っているのは、一枚刃のものだと教えてもらいました。

やっぱりな。と思ったのは、ワタシがカミソリを使うプロだからだと思います♪

詳しくお話を聞くと、下の写真のような刃にギザギザしたガードのついたものだと思われます↓

一枚刃のカミソリ

一枚刃という言葉の意味は、言葉そのままで、一つの柄に刃が一枚だけついたもののことを言います。

2枚刃・3枚刃というのは、これも言葉の通りで、一つの柄に複数枚の刃がついたカミソリのことを言います。

これについては、また改めて書いてみますね。

今日は一枚刃について少しだけ掘り下げてみます。

上の写真は家族が使っているものなんですが、改めて手に取ってみると、このガードはよく出来ているんですね。

刃に指をあててみると、吸いつくような感じはなく、軽く触れる程度であれば、横にスライドさせても肌が切れることはありません。

断っておきますが、あくまで軽くですよ。

強く押さえながらスライドさせたら切れるので絶対にしないでくださいね。

ただし、ワタシたちプロにとっては、歯の切れ味が鈍いので、男性のヒゲを剃る仕事では使えません。

このカミソリは産毛を剃るためのものですから、当然ではあります。

刃の切れ味はともかく、産毛程度なら、これなら不慣れな人であっても安心して使えそうに思います。

一枚刃のカミソリの最大の特徴は、刃がモロに出ていること。

これがラインを作ったり産毛を剃る際にとても重要なことなのです。

ハッキリとしたラインを作りたい場合、複数枚の刃がついているものだと、思うように作れません。

刃が出ているからこそ、作りたいラインの位置で剃るのを止めることができるのです。

こういったライン作りは、眉を揃えたり髭を揃えたりする時にとても重要なことなのです。

もし、三枚刃や五枚刃などの安全剃刀を使っていて、もっとハッキリとラインを出したいと思っている方は、この一枚刃を使ってみてくださいませ。

慣れは必要ですが、それまでにない綺麗なラインを作れますよ。

ワタシたち理容師は、一枚刃と3枚刃・5枚刃のカミソリを使い分けるのですが、女性のお顔そりの場合は一枚刃を使用します。

これはさきほど書いたように、一枚刃の方が産毛を剃るのに適しているからです。

ちなみにワタシたちプロが使っているのは、こんな一枚刃のカミソリです↓

一枚刃のカミソリ

上の赤い柄のものが「日本剃刀型」のもので、下は「レザー型」のものです。

それぞれに特徴があるのですが、ワタシはレザーのほうが好きなのです(^.^)

次回のブログは複数枚のカミソリについて書いてみます。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年5月の定休日のお知らせ』
18(月)・19(火)・20(水)
25(月)

『2015年6月の定休日のお知らせ』
1(月)
8(月)
15(月)・16(火)
22(月)・23(火)
29(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする