ヘアースタイルのイメージを、理美容師に写真を使って伝える一つの方法

ドーモ
オーパス21の前田です

頭の中にあるイメージを他人に伝えるのって難しいですよね。

ヘアースタイルを伝えるのも同じで、ぼんやりと思い描いたものを言葉にして、それを伝えるのって、とても難しい。

そんな曖昧なイメージを伝えるのに、一番便利なツールが写真です。

今日は、理美容室で、自分が伝えたいイメージを写真で伝える一つの例を書いてみます。

例題としてイメージするヘアースタイルはベリーショートです。

季節がら、男性は短くしたい衝動にかられるようで、来店される方のほとんどは、普段通りのスタイルであっても、ちょっと短めに。

というリクエストを多く受けます。

でも中には、思い切って短くしたい方もおられて、スキっと刈上げたいという希望も多いのです。

ところが、一口に刈上げといっても長短ありまして、地肌が透けて見えるくらい短くするパターンがあれば、長めにするパターンもあります。

「地肌が透けるくらい」とか「長め」という曖昧な表現では、カットをする理美容師は分かりにくいのです。

オーパス21では、「MS」というお任せのカットがございまして、その方に合ったスタイルをワタシが作るパターンです。

こういった、すべてお任せになる場合には必要ありませんが、曖昧な表現を分かりやすくするために、ここで写真が登場します。

今日は、先ほど触れた『刈上げ』部分について話を進めますね。

下の写真の方は、耳より前と後ろで長さを変えた刈上げのスタイルにしています。

ここで注目してほしいのは、借り上げ部分の色彩です↓

刈上げ部分

3mmのほうは地肌が透けて白く見える一方、6mmのほうは、透けなくて黒く見えています。

この色味を理美容師に伝えるのが一番分かりやすいのです。

気をつけてほしいのは、誰しもが、この方のように3mmと6mmのバリカンを使っても、同じようにならない事。

髪の密度によって色彩が変わります。

もし、密度が低く髪の薄い方が同じようにバリカンを使うと、もっと白くなります。

密度が高い方は逆に黒くなります。

だから、ヘアースタイルブックなどの紹介に何mmにカットと書かれてあっても、その数字を伝えても同じにはなりません。

肝心なのは色彩なのです!

スタイルブックを使うにしろ、ネットのスタイルカタログを使うにしろ、全体のイメージが合わなくとも、刈上げ部分はこれくらいの色彩が希望と伝えることによって、カットをしやすくなるのです。

また、「トップはこれくらいの長さ」というように複数枚の写真を使ってもOKです。

それらのイメージを元に理美容師さんが考えてくれるはずです。

スタイルカタログは参考程度に

ついでに書いておきますが、スタイルブックを使うにしろ、ネットのスタイルカタログを使っても、そのスタイルとまったく同じにはなりません。

何のためのスタイルブック?

と言われるかもしれませんが、現実です。

スタイルカタログは、あくまで参考程度に考えるほうがいいですよ。

ワタシはフツーの理容師なので、出来ないものは出来ないと言いますので、その時は諦めてください^^

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年6月の定休日のお知らせ』
1(月)
8(月)
15(月)・16(火)
22(月)・23(火)
29(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする