ヘアカラー剤の2剤の量で髪のダメージが変わります

シェアする

ドーモ
オーパス21の前田です。

昨日のブログに続き、ヘアカラーについて書いてみます。

内容は同じく過酸化水素について↓

過酸化水素

この過酸化水素は2剤とも呼ばれ、1剤と混ぜ合わせることにより、1剤の色を発生させる働きがあります。

そしても一つの役割は、髪のメラニン色素を破壊する働きです。

これが髪のダメージに関係してきます。

ということを頭に置いて、下の写真を見てください↓

ヘアカラーの1剤

C-10/GD と C-12/GDと書かれた箱がありますね。

これは先に書いたカラーの1剤です。

今日の話は、『C-10/GD』と書かれた数字の部分です。

この数字が大きいほど、髪を明るくする力が強くなります。

10の場合、10レベル、12の場合は12レベルと言い表します。

通常、1剤と2剤は1:1で混ぜ合わせるのですが、12レベルの場合、1剤を1に対し2剤を2入れます。

つまり2剤が通常の倍の量を入れるのです。

2倍入れることにより、メラニン色素をより多く破壊して、髪を明るくするのです。

となると、髪のダメージが強くなるのです。

この薬剤は12レベルという明るさですが、脱色とも呼ばれる「ブリーチ」も同じように2倍の過酸化水素を使います。

このブリーチに関しては、ドラッグストアなどで販売されている物も同じようで、1:2で混ぜ合わせるようになっているようです。

夏場になると髪を明るくする方が増えるのですが、明るくすればするほど、髪が傷むことを覚えておいてくださいね。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年6月の定休日のお知らせ』
8(月)
15(月)・16(火)
22(月)・23(火)
29(月)

スポンサーリンク

フォローする