リタッチという髪のダメージを最小限に抑える方法

ドーモ
オーパス21の前田です

今日は伸びた所だけを毛染めする「リタッチ」という技法の結果を、分かりやすい写真で紹介してみます。

これまで、白髪染めでリタッチを紹介したことはあるのですが、今回はブリーチ毛です^^

ブリーチを2度繰り返し、かなり明るくしたあと、2か月近く経つと、根元からは真っ黒な髪が伸びてきて、いわゆる「プリン」というじ様態になります。

それが下の写真の状態です↓

ブリーチ毛

この黒い部分だけに薬剤を塗布して、色を合わせるのがリタッチという方法です。

毛染めに限らず、パーマも同じで薬剤にさらされる時間と回数が多いほど、髪のダメージが進行します。

このダメージを軽減するためにリタッチという技法を使用するのです。

今回のケースを説明しておくと、リタッチ部分(薬剤を塗布する場所)に塗布するのは、ライトナーという脱色剤です。

すでに明るくなっている部分は、ブリーチなので、ライトナーよりも強力に色を抜きます。

それを二度繰り返しているので、かなり明るくなっています。

そこにライトナーを一度だけなので、色を合わせることはできません。

そもそも、ブリーチ毛の色を完全に合わせることはしても難しく、ワタシは正直、得意しせゃありません(^_^;)

でも、これだけの色の違いが出ている所の差を縮め、違和感を軽減することは可能なのです。

リタッチしてみました↓

07_18b

根元が黒かった部分が分かりますが、

黄色という、とても目立つ配色ではなくなりましたね。

白髪染めもこれと同じです。

伸びたところだけに薬剤を塗布して、色味を整える。

これによって髪のダメージを最低限に抑えるのです。

これは自分ではできないですよね。

もしやろうとしても、とんでもない時間がかかってしまいます。

となると、薬剤塗布をする場所は少なくても、放置時間が長くなり、結果的にかみのダメージが進行してしまいます。

髪の健康を守るために、これはとっても重要なことなのです。

理美容室での毛染め・ヘアカラーは、こんなメリットがあるのです。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年7月の定休日のお知らせ』
20(月)・21(火)
27(月)

『2015年8月の定休日のお知らせ』
3(月)
10(月)
17(月)・18(火)・19(水)・20(木)
24(月)
31(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする