そんなに甘くないフォトストック

シェアする

ドーモ
オーパス21の前田です

今年に入ってから、何やかやと忙しく、好きな写真を撮りに行く時間がない。

なので、ブログで写真ネタを取り上げることができなくて、ネタに困った時の助けになることがないのです…^^

今日はネタ探しをしていて、写真ネタの素材を探しているとき、ふと思いついたことがあるので、写真関連の話を書いてみます。

ワタシは「フォトストック」と呼ばれる、写真素材を販売するサイトに登録しています。

登録した動機は、自分が取った写真が、世間でどのような評価を受けるのか、客観的に知りたかったためでした。

08_05a

登録した時点で、ワタシの頭の中にあったのは

『写真=美術』

という思考でした。

この思考のもと、撮ってきた写真を登録する作業をしていました。

写真を登録するにも、けっこうな手順が必要で、詳しくは割愛しますが、地味な作業を何時間も続ける必要があります。

手順を踏んで、作品をアップロードします。

それから、運営サイドがその写真が販売するのにふさわしいか、ふさわしくないかを判断して、OKとNGを出してきます。

数年撮りためたものの中から、自信をもってアップロードたものにNGが出ると、けっこう凹むんです(。>0<。)

一か月の間にアップロードできる枚数が決まっているので、むやみやたらとアップするのではなく、自分なりに選んでいるので、なんでNGなのか分からん…

そんなことを数か月繰り返しました。

すると、なんとなく「フォトストック」というものが分かってきたのです。

ワタシは

『写真=美術』

と思っていたのです

でも、そうじゃなく

『写真=素材』

だったのです。

この差が分かる人は、少し「フォトストック」をかじった人だと思います^^

素材には素材として必要な条件があります。

美術品としての写真とは違うもの。

これに気づくまでに時間がかかった。

気づいたものの、写真は売れない…

クリエイター数が17万人ほどいるようで、もちろんプロの写真家もいるようです。

でもこの中で、何人の人がフォトストックだけで生活できているのか分かりません。

おそらく、ほんの・ほんの一握りの人だけだろうと思います。

「趣味で撮った写真で小遣い稼ぎ」なんていう本が販売されていたりしますが、本気で取り組まないと難しいだろうと思います。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『8月の定休日のお知らせ』
10(月)
17(月)・18(火)・19(水)・20(木)
24(月)
31(月)

『9月の定休日のお知らせ』
7(月)・8(火)
14(月)
21(月)・22(火)
28(月)

スポンサーリンク

フォローする