APS-Cとフルサイズでは、ノイズが違うのです

シェアする

ドーモオーパス21の前田です。

ここで何度も書いておりますが、ワタシの趣味はカメラで写真を撮ること。

そんなことでカメラ好きの方とは色々な話をさせていただくのですが、先日来店された方とカメラの話をしている時、APS-Cとフルサイズの話になりました。

同じキヤノンのデジ1をお使いの方でして、カメラのキャリアはとても古く、ワタシなんぞ足元にも及ばない方でした^^

私は以前、7DというAPSCのカメラを使っていましたが、2年ほど前にフルサイズのEOS 6Dに機種変更しました。

なぜフルサイズにしたのかと言いますと、比べてみると画質の差があったから。

晴天の屋外で撮る場合、APS-Cとフルサイズの差はほぼないと思います。

屋外で撮った時の差をあえて言うなら、背景のボケ方が違うことでしょうか。フルサイズのほうがよくボケるんです。

このボケよりもフルサイズにしたかった最大の理由!

それは高感度で撮った写真のノイズの差でした(感度とはISOのことです)。

暗い場所だとカメラが勝手にISO感度を上げて、写真のブレを防ぐようにします。

すると、写真にノイズが出てしまうのです。

このノイズというのは、色で言うと黒によくでる傾向がありまして、黒といえば髪の色。

髪といえばワタシがこのブログでよく取り上げるもの。

ということで、ヘアースタイルを紹介する際に、肝心の黒にノイズが出るのがとても気になっていました。

とはいえ、こだわる人じゃないと、ブログに掲載する程度の写真の大きさであれば、ほとんど気にならないのですが、そのあたりが写真好きの難儀なところなんです(^_^;)

ヘアースタイルを紹介する際に撮るのは主に屋内です。

となると、日中の屋外よりも暗い条件。

屋内では感度(ISO)が高くなり、先に書いたように写真にノイズが出てしまいます。

長い前置きになりましたが、そのノイズを写真で見てみましょう。
まずはAPS-Cとフルサイズの写真を2枚並べてみます。

カメラはどちらもキヤノンのデジ1で、ISOは同じ1600で固定しています。

APS-C

フルサイズ

レンズはフルサイズでも使える同じものを使用しています。

屋内で撮ったレンズキャップですが、この2枚を見て違いに気づく方は、カメラ好きの方だと思います。

上の2枚では分かりにくいので、アップにしたものを並べてみましょう。

APS-C

フルサイズ

いかがでしょう。

色味の違いは、カメラの設定によるものです。
同じようにするのを忘れておりました。。。

APS-Cのほうがザラザラしていないでしょうか?

これがノイズと呼ばれるものなのです。

一方のフルサイズは滑らかですよね。

これがAPS-Cとフルサイズの差なのです。

スマホやケータイで撮った写真をプリントアウトしたら、ザラザラしたようなものになったことがないでしょうか?

それもおそらくノイズです。

先に書いたように日中の屋外で撮った写真であれば、差は感じられないのですが、屋内のこの差が気になるんですよね。

こだわりと言えば格好がつきますが、要は自己満足なのだと思っております^^

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年3月の定休日のお知らせ』
16(月) ・17(火)
23(月)
30(月)