スポンサーリンク

大阪府に2度目の緊急事態宣言が発出されましたが、当店は通常通り営業しています。

長めの刈上げで白くならない程度のバーバースタイル

長年続けてきたへアースタイルを変えるときって、けっこう勇気がいるものです。

ましてや、まったく違うヘアースタイルだとなおのことです。

 

今日紹介する方は、ツーブロックスタイルからバーバースタイルへとスタイルチェンジした方です。

 

前回、いつもより短くしたいというリクエストがあり、それに沿ってカットをして、セットのアレンジとして、こんな方法もありますよと、パートスタイルを提案させてもらいました。

 

そして今回、ツーブロックスタイルからバーバースタイルへとスタイルチェンジした流れになっています。

 

ローフェードのバーバースタイル

 

刈り上げスタイルは小学校以来かも?

とのことで、最初は冒険せず、刈り上げ部分が白くならない程度の短さにしています。

 

このくらいなら、そんなに思い切らなくてもチャレンジしやすい長さかと思います。

 

 

この方は後頭部が丸いため、ショートヘアでも似合いますが、刈り上げのヘアースタイルも、とても映えるんです。

 

後頭部がぺったんこの方は、丸く作るカットを入れることもありますが、この方は、そんな工夫をしなくてもOKなのです。

 

 

長めの刈上げのバーバースタイル

 

 

後頭部のことで思い出したので、話がちょっと横道にそれます。

奥さんの実家の沖縄に行くと、米兵のショートカット、GIカットを何度も目にします。

 

欧米の方の場合、頭の形がイイ人が多く、ボーズに近いヘアースタイルでも、とても映えるんです。

しかし、アジア系の方の場合、ちょっと違和感があるのが事実。

 

その違和感とは後頭部の丸みがないこと。

アジア系の方と欧米の方が何人か並んでいると、その差がハッキリ分かります。

 

 

アジア系の方は、いわゆる絶壁タイプの方が多く、横が張っているため、ともすれば角刈りのように見えることもあります。

 

GIカットのように、頭の形がモロに出る場合、誤魔化しようがありませんが、今回のようなローフェードのヘアースタイルの場合、骨格補正するカットをすると、ある程度工夫することが可能です。

 

 

短いフェードスタイルにこだわらなくとも、このようなヘアースタイルもイイでしょ。

髪質や長さ、毛量、普段の手入れ方法により、出来る出来ないはありますが、一度ご相談ください。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

 

前田

コメント