スポンサーリンク

ツーブロックのバーバースタイルの紹介と、梳き鋏でスカスカになることの注意点

ツーブロックスタイル

ドーモ

東大阪の理容室

オーパス21の店長 前田です。

 

今日はツーブロックベースのバーバースタイルの紹介をしてみます。

まずはビフォー写真

 

 

 

少し癖があり、とても毛量が多い方です。

 

サイドのツーブロック部分は薄めの刈上げで、白く見える程度。

後ろも同じ色合いに刈り上げたスタイルにしました。

 

ツーブロックスタイル

 

後ろは、横の色合いに合わせた刈り上げにしています。

色合いが白くなるだけでも、ビフォーと比較すると、スッキリした印象になりますね。

 

 

パートを入れると、今っぽい雰囲気になります。

 

ツーブロックのバーバースタイル

 

今回のカットでは、毛先を遊ばせすぎないようにして、落ち着きのある雰囲気を目指しています。

 

なぜなら、カット中の会話で、カットが終わってから、人生の分岐点を迎えるということを聞いたので、落ち着きを持たせるほうが良いと判断したからです。

詳しくかけませんが、お相手の良い返事があったと信じております♪

 

 

大阪では「かぶせ」なんて言い方をする方もいるツーブロックのヘアースタイル

以前はメンズが中心でしたが、今や男女定番のヘアースタイルとなりました。

 

内側を白くするほどインパクトのある印象になります。

また、長めに残すとインパクトはないものの、全体的には落ち着いた雰囲気になります。

 

スポンサーリンク

毛量が多い方に知って欲しい「梳きすぎない」という判断

 

話が少しそれますが、髪が多い方に知っておいてほしいことを書くことにします。

 

毛量が多い方からのリクエストでよくあるのが

ボリュームが出るので梳いてほしい

というリクエスト

 

毛量調整では「梳き鋏」を使って軽くしますが、梳き鋏を多用しすぎると、かえってボリュームが出てしまいます。

 

ボリュームダウンすると思っていたのに、ボリュームアップしてしまった。。。

こんな経験をしたことがある人が、けっこういるはずです。

 

梳けば梳くほどボリュームが抑えられると思っている人が多いのですが、そうではありません。

 

梳くことによって、毛先が軽くなり、軽さは出ますが、軽くなることによって、髪が立ちやすくなります。

ということは、ボリュームを抑える目的で梳いているのに、逆効果になってしまうのです。

 

初めて来店された方でよくあるのが、毛先はすでに「スカスカ」「ペラペラ」なのに、さらに梳いてほしいとリクエストを受けることがあります。

 

このようなリクエストをされる多くの方は、(髪が多いので)いつも通りに梳いてほしいという、決まり文句のようになっているような気がします。

こんな時は、さきほど書いた理由を説明して理解してもらいます^^

 

 

オーパス21
オーパス21

オーパス21では
毛量・髪の癖・生え癖
これらを総合的に見て梳き鋏の使い方を考え、カットしています

 

では、今日はこれでオシマイ♪

 

コメント