スポンサーリンク

フード、ハイネック、襟の高いカッターシャツなどは理美容室に行くときは避けてのついた服

フード付きパーカー

朝晩の気温が下がり、秋が深まって来たことを感じるようになりました。

 

そうなると、この手の服を着る人が増えてきます。

 

フード付きパーカー

 

見ての通り、フードのついた服です。

このフードは、理美容師にとって、仕事をする上でとても厄介なんです。

その理由をあげてみましょう

 

首元にかけるタオルをかけにくい

フードのふくらみでカットがしづらい

フードのふくらみでシャンプーがしづらい

 

これらの問題があるため、理美容師は厄介だと感じるのです。

 

このフードと同じくやっかいなのが、さらに気温が下がってくると増えてくる「ハイネック」や「タートル」の洋服です。

 

ハイネックやタートルの服を着てこられた場合、襟を内側に入れないと、カットをする際にかける布、カットクロスを巻けません。

生地の薄い服であれば、大きな影響は出ませんが、ウールや生地の厚い服だと、首元がゴワゴワして、仕事がしずらくなってしまうのです。

 

そして、ここ数年、スーツを着てこられる方で困ったパターンが増えてきました。

 

それが、こんな襟をしたシャツを着る方です。

 

襟の高いシャツ

 

カッターシャツの襟が高いんです。

 

この方の場合は顕著な例なので写真を撮らせてもらったのですが、ご覧のように、カッターの襟で、髪の毛が隠れています。

こうなると、一番下の髪の毛がカットできないのは、プロじゃなくとも分かってもらえると思います。

 

この問題を解決するため、この方の場合は、カッターシャツを脱いでもらいました。

内側に折るという方法もありますが、シャツがシワシワになりますからね。

 

  • フード
  • ハイネック
  • タートル
  • 襟の高いカッターシャツ

 

理美容室に行く時は、これらの服を避けていただきたいのです。

 

ワタシ達理美容師が仕事をしづらいということは、良い結果を導きにくいということにもなるので、どうかご理解をお願いいたします。

 

 

コメント