スポンサーリンク

しっかり染めない白髪染め新薬剤のテストで自分の髪を染めてみる

白髪染めのビフォーアフター

ここ数年、キッチリ染めない白髪染めの需要が増えています。

白髪を目立たなくするための白髪染めでして

 

いかにも

 

染めました

 

というわざとらしさの無い染め方を好む方が増えているのです。

 

 

そんな白髪染めの新薬剤のテストを行う講習を、地元の理容師仲間と行いました。

今回はワタシを含めた三人がモデルとなり、2色のカラー剤のテストを行いました。

 

プロ用の毛染めの薬剤は、メーカーが参考となる色を示したパンフレットなどを作り、使用者に理解してもらう工夫をしていますが、実際のところ、使ってみないと分かりません。

そのためのテストを行なったというわけです。

 

 

ここ数年で、随分白髪が増えたワタクシ。

ちょうど染めようと思っていた所に、この講習が入ったので、モデルになる事を申し出まして、色の具合を自分の髪でテストすることになりました。

 

その、ビフォー写真を貼ってみますが、ちょいとブレております(^▽^;)

 

白髪染め新薬剤のテスト

 

すでにカラー剤を塗布している最中に撮っておりますが、塗布終了後が下の写真です。

 

白髪染め新薬剤のテスト

 

この時点では薬剤は白く見えますが、薬剤が反応してくると、色が変わってきます。

所定の時間放置すると、カラー剤が発色して、下の写真のように変化します。

 

白髪染め新薬剤のテスト

 

その後、シャンプーをした、仕上がりがこちらです↓

 

白髪染め新薬剤のテスト

 

よく見ると白髪が少し透けて見えるような感じになっていますが、この白髪染めは、キッチリ染めない白髪染めなので、これでOKなのです。

 

 

 

自分で撮ったビフォーアフターの写真も載せておきます。

以下の写真は、ワタシ自身でカラーの発色などをキチンと確認したいと思い、マニュアル露出で撮影しています。

では、そのビフォー・アフターを。

 

ビフォー

白髪染め新薬剤のテスト

 

アフター

白髪染め新薬剤のテスト

 

 

ワタシは横に白髪が集中しているので、そこをアップにしたものも貼ってみます。

 

ビフォーアフター

白髪染めのビフォーアフター

 

 

次は、フロントからトップにかけての染まり具合です。

 

白髪染めのビフォーアフター

 

手前味噌で、どうでもいいことですが、なぜマニュアル撮影で写真を撮ったのかも説明しておきます。

 

カメラって、被写体の色で露出を変えます。

このため、毛染めをする前と後では髪色が違うため結果として、写真として出てくる色が微妙に変わるんです。

 

簡潔に言うと、カラー前後の写真の色が違ってしまうことがあります。

この差を出ないようにするため、マニュアルで撮影したという訳です。

 

 

最後のビフォーアフターは、ワタシとは違うモデルさんのビフォーアフターですが、スマホで撮ったものです。

ワタシより長い髪で、白髪がそんなに多くない人のケースとして参考になるかと思います。

白髪染めのビフォーアフター

 

このカラー剤は、退色がどのようになるのかが問題なので、その結果を見て、導入するかしないかを決める予定です。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

猫

 

 

コメント