スポンサーリンク

ヘアーワックスはシャンプーで落ない? そんな事はありません簡単に洗えるワックスもあります

ナプラの『iMPRIME(インプライム)』ヘアーワックス

ヘアーワックスを使いたくない理由に、ベトベトするからということをよく聞きます。

しかし、先日のお客さんから聞いたのは、シャンプーしても落ちないからという理由でした。

ワタシもシャンプーで落ちないタイプのヘアーワックスが嫌いなので、ゲストからこのような言葉を聞き、言葉には出さないものの、潜在的にたくさんいるんじゃないかと思ったのです。

 

ベトベトするものの正体と、シャンプーで落ちない成分は何なのか?

また、シャンプーだけで落ちるタイプのヘアーワックスの紹介もしてみます。

 

 

ワックスにはたくさんの種類があり、サラサラしたものもありますが、それらは艶出しに使うタイプが多く、毛束を作ったり、髪を立たせたい場合、サラサラタイプでは使い物になりません。

ワックスは、ベトベトを利用してヘアースタイルを作るものなので、これが嫌な方は使わないことををお勧めします。

 

しかし、シャンプーしても落ちない、流れないと思っている方は解決可能です。

解決方法は、シャンプーで落ちるタイプのヘアーワックスを使うことです。

 

いくつものヘアーワックスを使ったことのある方にとっては、簡単な答えですが、一番最初に使ったワックスがシャンプーしても落ちないタイプを使った場合、ワックスって、そんなものだと思い込んでしまうのですね。

このような話を以前にも書いたことがあるのですが、多くのドラッグストアやコンビニで市販されていて、テレビコマーシャルでよく目にするものに、シャンプーで落ちないものが多いという感想を、多くの理美容師さんが共有しています。

ハッキリと個別の名称を挙げるのは控えますが『ギャ〇ビー』なんかがそうです。

 

シャンプーしても落ちないベトベトは、蝋なんです。

成分表示には『キャンデリラロウ』などと書かれているものがそれに当たります。

 

この成分の量なのか、他の成分との配合量の関係なのかハッキリしたことは分からないのですが、何度シャンプーしても落ちない理由は、この成分なのです。

 

この手のヘアーワックスはツンツンのヘアースタイルを作る時は良いんです。

でも、ワタシはこのタイプのワックスが嫌いなんです。

嫌いな理由は、使い続けると、蝋がどんどん皮膜を形成するようで、髪が重くなっていくから。

重くなった髪はスタイリングがしにくくなり、いつもベトベトした手触りが取れません。

こうなると、カットしにくいし、セットもしにくくなってしまうのです。

 

では、どのワックスを使えばいいのか?

答えとして出すには、多くのワックスを使い比較するのがベストでしょうが、使いたくないワックスが手元に残ることにもなるのでやめておきます^^

 

スポンサーリンク

シャンプーで楽に落ちるヘアーワックス

そんなことで、とても狭い範囲になるんですが、当店で使っているワックスでシャンプーですぐに落ちるタイプのワックスを紹介してみます。

 

当店で使っているのは、ナプラというメーカーの『iMPRIME(インプライムアートワックス)』というシリーズのヘアーワックスです。

 

ナプラというメーカーの『iMPRIME(インプライム)』というシリーズのワックス

 

ホールド力が強いのは左の青いデザインロックで、黄色いデザインエッジは少し弱いですが、どちらもギシギシに固まるタイプのヘアーワックスではありません。

 

 

 

シャンプーで楽に落ちるヘアーグリース

 

バーバースタイルなどで利用することが多いグリースも、シャンプーで楽に落ちるシリーズを使っていますので紹介しておきましょう。

 

ヘアーグリース

 

ヘアーグリース

 

ペリシア クールグリースです。

 

 

 

つやが欲しい時はグリースを。

艶消しが好みならワックスを。

サロンワークでは、こんな使い分けをしています。

 

紹介したワックス・グリースとも、しつこくないタイプが好きな方にはおすすめです。

 

ということで、ヘアーワックスはすべての商品がシャンプーで落ちないものではないのです。

ワックスだけではなく、スタイリング剤は使いやすいものを選ぶと、日々のスタイリングが楽になります。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

コメント