スポンサーリンク

ジアミンが入っていないハナヘナで髪を染め続けると、艶が出てきます

ハナヘナ

 

ジアミンアレルギー

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

ドラッグストアなどで販売されている一般的なヘアカラー剤、そして、理美容室でも使われるヘアカラー剤の多くに『パラフェニレンジアミン』という成分が入っています。

 

この『パラフェニレンジアミン』は、染毛ということに対し、とても優秀で、よい仕事をしてくれます。

 

しかし!

『パラフェニレンジアミン』に弱い人がいます。

弱い方は皮膚が赤くなったりかぶれたりします。

これがジアミンアレルギー。

このような方が少なからずいて、悩んでおられます。

 

 

当店では、そんな方のために『パラフェニレンジアミン』が入っていないヘアカラーを導入しております。

 

現在用意しているのは3種類。

 

HC塩基性カラー

ヘナ

マニキュア

 

これらすべてに言えることは、黒髪を明るくすることができないということ。

いわゆる、栗色や金髪、茶髪にはならないのです。

 

なので、ノンジアミンのカラーをされる方は基本的に『白髪染め』ということになります。

 

白髪染めというと白髪を黒くするイメージがあると思いますが、さきほど紹介した中の一つ『ハナヘナ』に関しては、白髪を黒くすることはできません。

 

ハナヘナは、白髪がオレンジ色になるのです。

 

ここでハナヘナについて少しだけ説明してみます。

 

ハナヘナとは、天然ヘナ100%で混じり物がないヘナの商品名です

 

ハナヘナ

 

当然、最初に書いた『パラフェニレンジアミン』も含まれていません。

 

最近は、ヘナと言いながら、たくさんの色の種類を用意しているものがあります。

それらのヘナは、ジアミンを使って色を作り出しているのです。

 

当店で使う、ハナヘナは白髪がオレンジになるだけ。

黒髪に関しては、明るくなることはありません。

しかし、黒髪にはツヤが出るんです!

 

 

それが、どのような状態なのか、お見せしましょう。

 

ハナヘナ

 

 

いかがでしょう。

写真撮影の際、フラッシュは使ってないし、特別なトリートメントもしていません。

それでもこんな艶が出るのです。

 

ただ、誤解しないでほしいのは、一度ハナヘナをするだけで、このようにはなりません。

何度も繰り返すことにより、このような艶が出てくるのです。

 

 

この方は、ヘアードネーションをするために髪を伸ばしています。

その間、気になる白いのをハナヘナでカバーしておられます。

 

オレンジに見える部分が白髪で、黒髪はオレンジ色にはなりません。

でも、艶が出る。

これがハナヘナの特徴の一つです。

 

 

ジアミンアレルギーということだけではなく、髪と頭皮に刺激の少ない白髪染めをご希望の場合、当店では、先に紹介した3つのメニュー。

HC塩基性カラー

ハナヘナ

マニキュア

を用意していますので、ご相談ください。

 

尚、『パラフェニレンジアミン』が入っていない、これらのヘアカラーでも、初めてご来店の方には『パッチテスト』を行ってから毛染めをさせていただきます

 

パッチテストには48時間を要しますので、日数の余裕をもってご来店ください。

テスト後、48時間の経過を見て問題がなければ施術させていただきます。

初めてのご来店で、その日に施術することは出来ませんのでご了承ください。

 

パッチテストの料金とご注意いただきたい点

1.カットなどのメニューでご来店され、パッチテストをされる場合、別途料金は発生しません。

2.パッチテストのみを行う場合1000円で行っています。

3.パッチテストのみのご予約はできません。

 

パッチテストのみでご来店いただき、その後、ヘアカラーやカットの施術を行う際、1000円を差し引いてのお会計とさせていただきます。

 

時間がかかり、面倒ですが、体の健康を考えた施術を行いたいというのが、店長のワタシの想いですので、どうかご理解ください。

 

maedaマエダ前田

 

コメント