スポンサーリンク

くせ毛を味方にするカットは千差万別

 

暑さと同時に湿度が高くなってくると、くせ毛の方はセットがしにくくなることがあります。

その理由は、湿度が高くなり空気中の水分が多くなると癖が強く出て、髪全体の量が増えたように膨らみ、おさまりが悪くなるのです。

また、毛先があちこちに「はねる」ようになるのも湿度が関係していることがあります。

この毛先がはねてしまう方の場合、日々のセットに困ることが多く、悩みの種になっています。

 

この問題を解消する一つの方法は『縮毛矯正』と呼ばれるストレートパーマが一つですが、時間もお金もかかってしまいます。

ちなみにオーパス21では、現在、髪全体をストレートにする新規の縮毛矯正の受付は行っておらず、前髪のみの縮毛矯正だけ受け付けておりますのでご了承くださいませ。

 

一番手軽に行えるのがカットです。

くせ毛のカットって、こうすれば上手くいく、という絶対的な方法はありません。

というのも、癖は千差万別。

さらには、多少ははねていても、それが良いという方もいれば、はねるのが嫌いと言う方もいて、好みのもみんな違うので答えは一つじゃないのです。

そんなことで、一人一人の髪のくせに対応したカットが必要になってきます。

 

ということで、今日、紹介するのはこちらのゲストさん。

 

幼い頃からカットさせてもらっています。

何度かカットさせてもらっている方と、初めての方の場合、カットが少々違ってきます。

簡潔に言うと、何度かカットさせてもらっていると、癖が頭に入っているので、先を予想しながらカットができます。

 

しかし、初めての方は状況を見ながらのカットになるので、時間がかかってしまいます。

理容師歴30年の経験値があっても、初めての方は難しいのです。

 

それはさておき、今回は、前回かけたパーマのメンテナンスカットでありました。

くせ毛にパーマをかけるのは、癖ONパーマとなり、その後の髪の収まりが難しくなるケースが多いのです。

元々の癖は頭に入っていても、パーマとの兼ね合いがあるため、髪の居心地の良い長さと場所を見極めながらカットを進めました。

 

 

これで毎朝のセットが楽になります。

癖は味方にする事により、日々のセットが楽になります。

そのためには、こまめなカットが必要になります。

 

コメント