スポンサーリンク

立体型メガネのくもり防止マスクを試してみて分かったこと

眼鏡のくもり

 

眼鏡をかけている方がマスクをすると、おそらく100%の方が体験していると思うのが、眼鏡が曇る現象。

 

ワタシたち理容師は、顔そり・シェービングをする際、シャンプーをする際にマスクをします。

となると、眼鏡をかけているワタシは避けて通れない問題なのです。

 

マスク

 

上の写真でつけているのは、鼻の部分にワイヤーが入っている不織布のマスクです。

年間、この手のマスクをかなりの枚数使います。

 

でも、先に書いたように問題になるのが眼鏡の曇り…

 

眼鏡の曇り

 

上の写真は、分かりやすくするため、意図的に、しっかりと曇らせています(^^;)

店の中で仕事をする分には呼吸が早くなることはないため、これほど曇ることはありません。

 

でも、外出して歩くだけで眼鏡が曇ることがしょっちゅうあります。

これ、何とかならんのか?

と思いつつ、対策することはありませんでした。

 

そんな中、今週月曜日の事です。

朝から用事が詰まっていて外出していました。

外出してから気づいたのは『マスク』を忘れたこと…

 

実は先週から花粉症の症状が出ていまして、店の中でもマスクをしていることが多いのです。

花粉の恐怖に加え、この日は午後から天気が悪くなってきて、気温も下がってきました。

 

気温が低くなるにつれ、鼻の奥が痛くなってきた。

気温低下と乾燥によるものだと判断して、外出先にあった100均の『seria』に行くと、こんなマスクを見つけました。

 

立体型 メガネのくもり帽子マスク

立体型 メガネのくもり防止マスク

 

このイラストだと分かりにくいけど、裏に分かりやすいイラストがありました。

 

立体型 メガネのくもり防止マスク

 

特許出願中となっているこのマスクは、メガネの鼻あての部分までマスクの生地があり、そこを鼻あてで押さえるようになっています。

 

 

では、モデルさんに、このマスクを装着してもらいましょう。

 

このモデルさん、眼鏡が曇ることに困っていました(笑)

でも、何ということでしょう。

このマスクをつけると眼鏡が曇りにくくなったのです(^^;)

 

正直、まったく曇らないわけではありません。

しかし、曇りにくいのは確かです。

 

そして、立体型マスクの利点として、生地と鼻の間に空間が出来るので、呼吸がしやすいことも特徴としてあげられます。

不織布のマスクと比較すると、コスト的には高いものの、100均で5枚入ってこの品質。

 

花粉症の症状が出るのが気になるワタシは、寝る時もこのマスクをしています。

朝になると、下がっていたりするものの、鼻詰まりが楽なのと、呼吸がしやすいので、寝る時に気になりにくいのもイイですね。

立体型マスクの信者になりそうな気がしています。

 

楽天でも同じものを販売していました。

メガネのくもり防止立体型マスク5枚入
100円ショップ ひゃくえもん楽天店
¥ 108(2019/06/04 23:11時点)

 

 

コメント