スポンサーリンク

ヘナにはナチュラルヘナとケミカルヘナがあります

 

先日書いた若い人に白髪の人が多いという話し
についてもう一つ。

この若いお客さんが白髪を気にしていたら、
ご家族に「ヘナで染めてみたら」と言われたそうです。

ご家族がヘナを使っていて勧められたそうなのですが、
ヘナについての知識が無かったようなので、
説明させてもらいました。

まず一番肝心な事。

 

ヘナには

ナチュラルヘナ

ケミカルヘナ

があるということ。

 

この違いは染まる色にあります。

ヘナと書かれていても色にバリエーションが
あるタイプがケミカルヘナ。

一方のナチュラルヘナは
オレンジの一色だけです。

これが違い。

そして、当店で使用しているのは、
純粋なナチュラルヘナの「ハナヘナ」です。

当然オレンジにしかなりません。

このことを伝えたうえで、
下の写真の毛束を見てもらいました。

ハナヘナ毛束テスト

 

この毛束は何を意味しているのか?

右のオレンジ色のものは、
白髪100%のものにハナヘナで染めたもの。

左は白髪交じりの毛束をハナヘナで染めたもの。

なぜ毛束が違うのかと申しますと、
白いのは人毛ではなく「ヤク」の毛でして、
こんなのが理美容師向けに販売されているのです。

そして白髪交じりのほうは、
お客様をカットした際の髪を処分せずに
取っておいたもをハナヘナで染めました。

理美容室でこんな毛束を見せられて、
フンフンと分かったような顔で
頷くことってありませんか^^

でも、この毛束の色が頭全体になった状態って、
たぶんイメージ出来ないですよね。

ワタシたちプロであれば、この色合いを
頭全体にイメージできるのですが、
たぶん難しいでしょう。

 

部屋の壁紙を変えたりするときに、
端切れのようなものを見て、
部屋全体のイメージがつかめないのと
同じだと思います。

このため、白髪の多い人が染めたケースなどを、
写真でも紹介しているので、
それを見せようかと思ったのですが、
話していくうちにオレンジ色はNGということに加え、
まだ染めなくても白髪は目立たない。
ということりなり、カットのみの施術となりました。

 

実はこのお客さんは高校生。

白髪にオレンジ色が入るのって、
抵抗ありますよね。

インディゴとセットで使うと、
色はオレンジのみではないものの、
数日かけて発色していくタイプなので、
これも不向きかと…

髪の負担が少ない白髪染めの一つ、
「香草カラー」の説明もしたのですが、
まだ我慢できる。となったのでありました。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『9月の定休日のお知らせ』
1(月)
8(月)・9(火)
15(月)・16(火)
22(月)
29(月)

コメント