ストレートヘアにカールが欲しいけどパーマはNG。そんな時も諦めないでください

ストレートヘアって、動きが出にくいのです。

だからパーマをかけて動きをつけたくなる。

というのがパーマをかけたくなる方に多いケースです。

でも、学生さんの場合、パーマがNGの場合がありますよね。

髪質にもよるのですが、カットとセットでくせ毛っぽく見せることが

可能な場合があるのです。

ドーモ
フツーの理容師
オーパス21の前田です

ベリーショートの学生さんです。

ボーズから伸ばして、ようやくここまで伸びました↓

彼の髪質はほぼストレート

今日の話は、これが肝心です。

ピンピンのストレートだと無理でして、

ほぼストレートの髪じゃないとできません(^_^;)

この見極めはプロじゃないと難しいと思うので、

分からない場合はご相談くださいませ。

彼の悩みは、ストレートヘアのため、髪に動きが出にくいこと。

なので、パーマをかけたいのです。

この髪質なら、アイロンパーマに最適なんですが、

学校がパーマNGなのです。

色々と相談したのですが、基本的には

「おっちゃんに任せる!」とのこと。

よっしゃ

任せとき!

となりました♪

あと少しで卒業なので、パーマはそれまで我慢して

今回はカットとセットでがカールが出たようにしてみよう!

と伝えてカットに入ります

そもそも、ショートヘアは動きが出にくいのです。

それに加え彼は毛量が多い。

となると、より一層動きが出にくくなるのです。。。

それらを頭に入れ、毛先に動きが出やすいように

間引くカットをしていきます。

間引いて動きを出しやすくすると、ストレートヘアでも

カールが出たようになることがあるのです(髪質に依存)

動きを出してスタイリングしやすくなるポイントがあるので、

そこは慎重にカットを進めます。

カットが終わり、シャンプーをしてセットに入ります。

セットをしやすくなるカットも大切ですが、

今回はセットも重要なのです。

髪を立たせるための工夫が必要なのです。

そこで使いたいのが

ドライヤーで髪にボリュームを持たせたり、立たせる時に使えるコツとテクニック

このブログで紹介したテクニック

このブログは2014年に書いたのですが、

アクセス数一番をずっと維持している

ワタシのブログで一番人気なんです^^

このブログで書いているように、

髪の根元にドライヤーの風を送り髪を立たせると

カールが出たように見えるのです。

詳しいテクニックはリンク先をご覧くださいませ。

カットが終わり、ポイントになる頭のトップのあたりに

ボリュームを持たせてワックスをモミモミしたらこんな感じに↓

ほんの少しだけくせ毛のように見えるでしょ♪

こうするためには、カットの下地作りも重要なのです。

そしてワタシが彼の髪質を知っているから。

というのも強みです。

まったく初めての方の場合、探り探りのカットになるため、

結果が出ない場合もあります。

それってプロとしてどうなの?

と言われるかもしれませんが、出来ないものはできません。

髪質を見て、日々の手入れが楽になったり、

ちょっと手を入れることによって、

いつもと違う雰囲気を味わえる。

そんなお手伝いをすることがワタシの仕事だと思っています。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『2016年1月の定休日のお知らせ』
18(月)・19(火)
25(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする