3年ぶりのリアル講習で学でぶ楽しみを感じる

カット講習
スポンサーリンク



コロナ禍が始まって以降、講習が皆無になっていたのですが、今年の春頃から少しずつ動きだし、その波に乗ってカット講習を受けることができました。



今回のテーマはレイヤーカット。

ロングからセミロングまでの長さを切っていきます。

 

前田



講師は2016年にも教えてもらったことがある、西宮の甲子園でお店をされている中西さん。

前回から6年も経っていたのに驚きましたが、その時と同じく、物腰が柔らかく、丁寧で分かりやすく教えてもらえるのです。

優れた技術を持っていても、それを人に伝えるとなると、違った難しさがあるものです。

第三者に理解しやすいように伝えられるのは一つの才能に違いありません。

 



ブログを書くとなると、写真を撮るのが必要条件なのですが、教えてもらうことを聞き逃すまいと必死。

自分で撮ったのは休憩の合間に撮ったものしかありません。

 

カット講習

 

というとで、一緒に講習を受けた人にもらったものを使わせてもらいました。

 

 

カットって、上下左右に髪を引き出す角度や方向を考えながらするんです。

ビミョーな差が結果に出るので、そこが難しく、また面白くもあるのです。

 

講習後、すべてのウィッグを並べております。

 

カット講習

 

江戸時代以前ならさらし首のようですな^^

 

帰宅後、忘れないうちに復習をして、自分の引き出しに整理して入れておきました。

 

カット講習

 

やっぱり実践講習が楽しいし、何より習熟度が違います。

またの機会を楽しみにしています。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

コメント