フェードカットで整髪料を使わずセットをしない考え方

スポンサーリンク

 

最近、リクエストが増えているのが「フェードカット」。

バーバースタイルという場合もある、短い部分と長い部分の、色彩のグラデーションを作るヘアースタイルです。

見た目で、刈り上げと呼ぶほうがシックリくる世代の方もいるかと思います。

 

髪が短い部分は白く見え、長い部分は黒く見える。

このグラデーションを作るヘアースタイルで、その多くでバリカンを使う技法を指しています。

 

ネットで「フェードカット」検索すると、ハードでいかついヘアースタイルが出てくることが多いはずです。

でも、うちに来られる方は、あまりハードじゃないヘアースタイルをリクエストされる方が多いのです。

 

仕事でヘルメットや帽子をかぶる方は、仕事柄、毎日、ポマードやグリースを使ってセットすることはできないので、普段の手入れが楽なフェードカットをしたいとリクエストされます。

これは、東大阪という地域性が影響しているかもしれません。

 

今日、紹介する方もそんなお一人で、仕上げにポマードやグリースの整髪料は使っていません。

 

フェードカット

 

この写真では整髪料は使っていませんが、お休みの日はキチンとセットしたいお気持ちもあるので、グリースを買って帰られています。

 

ヘアーグリース

 

このクールグリース・ペリシアは、水溶性でしつこくなく、しっかり塗布しても、シャンプーでさっと洗い流せ、ベタベタが残りません。

クールグリース・ペリシアEX EXTRA HARD(水溶性グリース) 210g
日理
¥1,850 (¥9 / グラム)(2022/09/14 16:36時点)
シャンプーでスッキリ落ちるヘアーグリース

 

カットに関し、ワタシが普段から心がけているのが『日々の手入れが楽なヘアースタイルを作る』ということ。

この下地があるので、フェードカットに関しても、このような方が来店されるのかもと自己分析おります。

 

ちょっとだけ具体的に話しますと、フェードカットの表現の一つのカドを残すことはあまりせず、ドライヤーを使わなくてもそれなりに収まるヘアースタイルを作るようにしています。

 

 

セットをしない前提の場合、このほうが自然なヘアースタイルになるのです。

 

でも、グラデーションは作り、フェードカットのテイストは楽しんでもらう。

こんな考えのもと、仕事をしています。

 

ゴリゴリのフェードカットがご希望の方は、それが得意なお店に行くほうが良いと思いますし、ゴリゴリじゃないのをご希望の場合、うちを選択肢にいれてもらっても良いかと思います。

 

 

今日は、フェードカットに対する当店の考え方の一つを書いてみました。

写真撮影のご協力、ありがとうございました。

 

カットの仕事って、理美容師にとって基本中の基本で、いくつになっても、もっと上手くなりたいと思う仕事の一つです。

奥が深く、難しいところがあるため、勉強を続けたいと思いつつ、コロナ禍でセミナーに参加できなかったのですが、今年はようやく再開できそうでワクワクしているんです。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

コメント