スポンサーリンク

GIカット風ベリーショートスタイル

GIカット風ベリーショート

うちの奥さんは沖縄出身なのです。

そんなことで、沖縄に行くことが多く、特に子供が小さい頃は、毎年夏になると遊びに行っておりました。

沖縄本島は、誰もが知っているように米軍基地があり、米兵や、その家族の姿をよく見かけます。

ショッピングセンターなどで見る男性の兵隊さんは、ヘアースタイルで、すぐにそれと分かるんです。

なぜなら、ほぼすべての人がGIカットをしているのです。

欧米人の頭の形で、GIカットをすると、カッコイイんですよね。

東アジアの人にも、頭の形がいい人はいるものの、ごく少数で、とても珍しいのです。

一般的に、欧米人は頭のサイドサイドが狭く、後頭部が丸く、奥行きのある頭の形をしている人が多いのです。

一方、アジアの人の多くは、サイドが張っていて、後頭部が、いわゆる絶壁型の人が多い。

なぜ、このような変化を遂げたのか、頭のいい人に解説してもらいたいものです。

こんなことを書くとハードルが上がってしまいますが、日本人には珍しい、奥行きのある方のベリーショートのカットの紹介です。

GIカット

今回、お笑いコンビのチョコレートプラネットの松尾さんのイメージがご希望でした。

段差のある部分をどうするか、ちょっと話をさせてもらいまして、ほんの少しボカして、ラインを残し気味にする方向でカットさせてもらいました。

 

暑さ寒さも彼岸まで。

大阪は、この言葉が気温がピッタリ当てはまるように、気温が上がってきまして、日中、曇ってなければ上着がいらないくらいの気温になっています。

それに伴い、短くしたいメンズが増えてきました。

夏に向けたヘアースタイル、そろそろ考えてみてもいいかと思います。

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

前田

コメント