スポンサーリンク

ジアミンが入っていないHC塩基性カラーの染まり具合

新HC塩基性カラーのプライムカラーND

毛染めの成分に入っているジアミンにかぶれる方、アレルギーのある方に対し、当店ではジアミンを含まないヘアカラーを用意しています。

 

少し前まで、ジアミンを含まないヘアカラーというと、マニキュアが主流でした。

マニキュアの場合、地肌につくと、なかなか取れなかったり、色落ちが早いという欠点がありました。

 

しかし今は、ジアミンに頼らないヘアカラーが登場し、地肌の弱い方が髪を染められるる選択肢が出てきました。

 

この手のヘアカラーは、このブログで何度も紹介している『HC塩基性カラー』です。

この『HC塩基性カラー』も、以前はマニキュア同様に染まりが弱いという欠点がありましたが、改良が進み、色持ちの良いものが出てきました。

 

それがプライムカラーND

 

プライムカラーND

 

今日のブログは、旧HC塩基性カラーから新HC塩基性カラーのプライムカラーNDに移行された方の色の具合を見てもらおうと思います。

 

まずは、新HC塩基性カラーのプライムカラーNDで染めて、約1か月後の状況から。

 

新HC塩基性カラーのプライムカラーND

 

白髪が伸びている部分が少し青みががかっているのは、前回染めてから白髪が目立ってきたときに、カラートリートメントをされているからです。

 

この方に、再び新HC塩基性カラーのプライムカラーNDを使って染めると、下の写真のように染まります。

 

新HC塩基性カラーのプライムカラーND

 

この方はシャンプーだけで地肌が赤くなるほど頭皮が敏感な方で、通常のアルカリカラーではかぶれてしまうため、頭皮に優しいヘアカラーを探しておられました。

 

最初に来店されたときは、新HC塩基性カラーがまだ発表前でしたので、旧タイプで染めていました。

その後、新タイプが出た後、おすすめして、その後は新タイプで染めています。

 

これまでのHC塩基性カラーだと、これだけしっかりとは染まりませんでした。

 

その例がコチラの例です↓

 

HC塩基性カラーで染めた後

 

白髪が浮いて、しっかりと染まっていないのが分かりますよね。

 

この写真を使ったブログがコチラでして、新旧のHC塩基性カラーの染まりの差を説明しています。

 

パラフェニレンジアミンが入っていない肌に優しい毛染めをして1か月後の色落ち具合
当店で、ジアミンに負けてしま方ににおすすめしているのが『HC塩基性カラー』。 このヘアカラーは、黒髪を明るくすることができないので、明るい白髪染めは出来ません。 そして、HC塩基性カラーは肌には優しいものの、染まりが弱い...

 

肌に優しいヘアカラーをお探しの方、HC塩基性カラーを選択肢に入れてみませんか?

 

肌に優しいHC塩基性カラーですが、初めて染める場合は必ず『パッチテスト』を行ってからとなります。

 

パッチテストを行い、48時間以上経過しないと施術できませんので、来店当日に染めることはできませんのでご了承ください。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

コメント