スポンサーリンク

コテパーから約1か月後のメンテナンスカットと、パーマとカットのおすすめのサイクルをお伝えします

コテパーのメンテナンスカット

今日は、コテパーをかけてから、40日ほど経ってから、カットするとどうなるのか?

それを見てもらおうと思います。

 

コテパーの賞味期限は髪質やスタイルによって違うため、絶対にこれだけ持ちます、とは言い切れません。

しかしながら、今回、紹介する方の場合、40日であれば、カットをするだけで手入れしやすくすることが可能です。

 

ビフォー写真はないので、シャンプー後、ワックスをモミモミとつけたあとの写真を貼ってみます。

 

コテパーのメンテナンスカット

 

この方は前回、初めてのコテパーを経験されたお客様。

 

これまで何度もカットをさせていただき、髪質を理解しているので、昨年、コテパーの話をさせていただきました。

そして、その数か月後にあたる今年の1月に、生まれて初めてのコテパーのリクエストをいただき施術させてもらいました。

 

その時の様子がコチラの写真です↓

 

コテパー

 

これから40日なので、1か月ちょっとですね。

 

40日経ったあと、上の写真とは逆サイドから見てもらっても、まだカールが残っているのが分かってもらえると思います。

コテパーのメンテナンスカット

 

前回コテパーをされたあと、「毎日の手入れが楽でしたわ~」と言ってもらえたのが理容師冥利に尽きます♪

 

ストレートヘアなので、短くするとスタイリングに時間を取られるんですよね。

その時間が短縮されたのと、寝癖を直すのも簡単だと言ってもらえました。

撮影のご協力、ありがとうございました♪

 

スポンサーリンク

コテパーをかけるサイクルについて

この方の髪質はコテパーをするのに最適なので、パーマの持ちがよくなります。

髪質やヘアースタイルによっては、もっと早く取れるケースがあるのも事実です。

しかし、早くパーマが取れたからといって、毎月パーマをかけることは、当店では行っておりません。

なぜなら、毎月コテパーをかけることは髪の体力を奪います。

髪の体力が落ちるとどうなるのか?

体力が落ちてくると、パーマがかからなくなるのです。

 

コテパーは、薬剤処理に加え100度を超える熱処理を行います。

このため、髪の体力を奪うのです。

一度ダメージを受けた髪は元に戻りません。

 

 

かからないパーマを提供するわけにいきませんし、ダメージを最低限に抑えたい。

そんな理由から、コテパーの毎月の施術は行っていないのです。

 

おすすめの施術のサイクルは、

コテパー

1か月後にカット

1か月後にカット

1か月後にコテパー

こんなサイクルが理想的ですね。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

maedaマエダ前田

 

コメント