スポンサーリンク

興福寺中金堂と奈良公園の紅葉情報

奈良公園の紅葉

 

毎年、紅葉の時期になると必ず足を運んでいる奈良公園。

今年も昨日行ってきました。

 

奈良公園と書いていますが、実際には興福寺、東大寺、春日大社この三つの寺社の境内を歩き回っているのです。

2018年の秋は、紅葉の他、もう一つの目的がありました。

興福寺の中金堂が落慶となったので、その伽藍を見に行くのも一つの目的でありました。

 

興福寺の中金堂

 

この興福寺中金堂は、およそ1300年前の西暦714年(和銅7年)に完成した後、7度の火災に遭い、1717年の大火の後、仮堂にとどまっていたのを、300年ぶりの復興となったのです。

 

伽藍の中には、こちらも修復された釈迦如来像が中央におられますが、堂内は写真撮影不可なので、写真はありません。

 

赤い伽藍の柱の間から見る五重塔も新しい感覚です。

 

中金堂の伽藍の間から見る五重の塔

 

 

拝観には大人500円中高生300円 子供100円の拝観料が必要です。

 

興福寺の中金堂拝観料

 

 

 興福寺中金堂を見た後は、奈良公園の紅葉探索に回ります。

 

お気に入りの場所をぐるっと回ってみたところ、桜の紅葉はほぼ落葉。

でも、もみじの紅葉や銀杏の黄葉は、まだ始まったばかりという印象です。

 

では、奈良公園の紅葉情報をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

東大寺大仏殿を裏から

奈良公園の紅葉

 

 

水谷茶屋のもみじは、まだ青い

 

 

中には色づきの良いもみじも

奈良公園の紅葉

 

奈良公園の紅葉

 

 

鹿と紅葉

奈良公園の紅葉

 

奈良公園の紅葉

 

赤と緑のコントラストの紅葉を楽しみたいなら今だと思います。

 

コメント