スポンサーリンク

白髪染めをやめて、白髪が目だってもヘアースタイルに制限はありません

 

ここ最近、「白髪染めをやめる」という文字を雑誌やネットで見かける事があります。

 

白髪染めって、一度始めると止め時が難しいと多くの方が口にされます。

その理由として挙げられるのが、白髪染めをやめることにより印象が変わってしまう。

という理由です。

 

黒い髪だった方が、白髪の多い髪になったら、確かに印象は変わります。

 

また、白髪染めの色が完全になくなるまでの過程で、中途半端な期間が気になる…

という方もおられます。

 

この気になるというのは、『周りの目が気になる』ということだろうと感じています。

 

 

これについて言わせてもらうなら、周りにいる方の多くは、白髪染めをしていることを知っているはずです。

なので、「白髪染めをやめた」ということを宣言して、理解度を高めれば、大きな支障にならないのでは? と感じています。

 

でも、考え方は色々なので、そんな単純なものではない。という方もおられるでしようね。

 

スポンサーリンク

「白髪染めをやめる」ことについて、1人の理容師の考察

 

「白髪染めをやめる」

これについて、理容師であるワタシの個人的な話をさせてもらいます。

 

髪の健康を考えた場合、必ず傷むので染めないほうが良い。

 

外見の印象を少しでも若く見せたいなら染めるほうが良い。

 

こう考えています。

ちなみにワタシ自身は、全く染めない派ではありません。

 

 

そんな白髪染めについての話をしながら、撮らせてもらった方の写真を見てもらいましょう。

 

サイドとバックは短めで、あとはお任せ~

という希望でありました。

 

50大のショートカット

 

50代メンズのショートカットです。

白髪が目立つ部分がありますが、ちょっとイイ感じだとおもいません?

 

白髪まじりじゃなく、黒いほうが若く見えるのは間違いありません。

でも、年齢にふさわしいとも言えます。

 

白髪って、出てくる場所や目立っている分布や配置によって、印象が違ってきます。

全体に白髪が増える方もいれば、部分的に増える方もおられます。

 

出てくる部分は人それぞれですが、一度出てくると、減ることはありません。

白髪染め・毛染めをやめるということは、白髪と共生するとも言えます。

そこで、理容師のワタシが言いたいこと。

 

白髪に合ったヘアースタイルというのは特にありません。

でも

白髪だからといってヘアースタイルに制限はありません。

 

50大のショートカット

 

 

以上、自身も白髪が目立ってきたオーパス21の店長、前田でした^^

 

 

 

 

コメント