スポンサーリンク

コテパーをかける間隔はどれくらいがいいのか?

セットが楽になるコテパーマは、どれくらいの間隔でかけるのが良いのか?

気になる方が多いと思います。

この問題は、個々の髪質によって大きく左右されるのです。

そんなことをブログに書いてみました。

 

ご予約をいただいたときはパーマでした。

昨年からパーマをかけるため、髪を伸ばされていました。

そんなことで、ワタシはイメージを膨らませておりました。

そのイメージはクルクルとしたワイルドなイメージのハードパーマでした。

 

ご来店いただき、髪の長さを見ると十分な長さがありました。

何も意識していないときは紙が伸びるのが早いな。。。

と感じるのに、髪が伸びるのを待っていると、なかなか伸びないものでして、年をまたいで待ってもらったのでした。

 

 

 

施術に入る前、パーマについて相談しておりますと、日々の手入れの点や、周りの反応が引っ掛かりました…

長い髪にハードパーマをかけると、最低限のセットは必要です。

セットで横着した場合、爆発したようなヘアースタイルになりかねません。

 

そしてもう一つ、短くしたい希望もあったのです。

これらを総合しまして、これまで何度かかけていただいた【コテパー】にしましょう。

となったのでした。

 

 

 

そんなことで、カットを進めていきます。

パーマをかけるといっても、カットはとても重要なんです。

 

カットをおろそかにすると、仕上がりに影響することはもちろん、伸びてきた時のおさまりなどに違いが出ます。

短めが希望ですが、過去の例よりも長めの設定でカットを進めます。

最初に輪郭のカットが終了して、毛量調整に入る前、ドライヤーで現状確認をしました。

 

するとですね。

パーマかけないでも、きれいに収まるんですよね^^

『まだ十分コテパーが残ってるな…』

と感じながらカットを進めていき、終わろうとした時でした。

 

「まだ(コテパー)かかってますね」

という言葉が聞かれました。

ワタシは即座に

「そうでしょ。なんかもったいないんですよね」

と言葉を返しました。

 

もちろん、コテパーをかけたほうが髪の立ち上がりなどはしっかりと出ます。

しかし、とても、もったいない。

というのがワタシの素直な感想でした。

 

そんなことで、コテパーをかけるのは次回に延期となりました。

だって、こんな感じなんですから。

 

 

前回、コテパーをかけてから、約3か月半経っています。

コテパーマに限らず、普通のパーマでも髪質によって持ちは左右されます。

当店では、3か月空けてのコテパーをお勧めしています。

その理由は、ダメージを可能な限り低くしたいからです。

 

多くの方は、3か月ほど経つとコテパーマは取れてしまいます。

しかし、髪がしっかりしている方は持ちが良いのです。

逆に髪が柔らかくて細仕方は持ちが悪くなります。

 

今回、ドライヤーで【寝かせたり立たせたり】なんてことはまったくしていません。

ワックスをクシャクシャともみこむと、こんな感じになってくれます。

これだったら、コテパーかける必要ないですよね。

ということで、コテパーをかけるのは次回となりました。

 

 

 

 

Oさん写真撮影のご協力ありがとうございました。

 

最後に、コテパーを希望される方に、必ず知っておいてほしいことを書いておきます。

コテパーマは髪質を選びます

残念ながら、コテパーは髪質を選びますので、以下の一つでも当てはまる場合、施術をお断りする場合があります。

  • 猫毛と呼ばれるような柔らかい髪
  • 毛染めやブリーチによって傷んだ髪
  • パーマ・縮毛矯正によって傷んだ髪
  • 短すぎる髪(5センチ以下)
  • 長すぎる髪(15センチ以上)

 

コテパーマの賞味期間

アイロンパーマの賞味期限は通常2か月程度ですが、髪質や髪のコンディションによって左右され、場合によったら1か月程度で取れるケースもあります。

 

コテパーマの施術間隔

髪の体力を温存するため、毎月の施術はしておりません。
最低でも三か月は空けていただきます。

髪の体力が落ちてくるとパーマがかからなくなるので、これは良い結果を出すために必要な髪の休息期間です。どうかご理解ください。

 

コテパーマ後の髪の手入れについて

普通のパーマであってもアイロンパーマであっても、日々の手入れ・セットは、絶対に必要です。

コテパーマは、スタイリングを楽にすることは出来ますが、セットレスにするものではありません。

 

 

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

コメント