スポンサーリンク

自分に似ていた50代のおっちゃんの髪をカットする

同級生

 

他人の空似

世の中には似ている人が3人いる

こんな言葉がありますよね。

 

そんな言葉を実感したのはワタシが19歳の時でした。

 

19歳のワタシは理容師になるため専門学校に通っていました。

学校は、大阪は日本橋の黒門市場の近くにある高津理容美容専門学校。

 

当時、理容科1クラス・美容科3クラスの合計4クラスある学校で、同級生には遠方から来ている人もいました。

その同級生の中に、ワタシに似ている人がいたんです。

 

休憩時間にその友達と話をしていました。

そこに学級委員長がやってきまして、ワタシに話をするんです。

 

ところがワタシには「何のこっちゃ、まったく分からん」話でした。

 

それもそのはず、学級委員長は、ワタシの隣にいる、同級生に話をしているつもりだったのです(笑)

 

その、ワタシに瓜二つだった友達が、突然店にやってきました。

 

同級生

 

奥さんに撮ってもらった写真がピンボケですが、ね、似てるでしょ

と言いたかったのです。

 

でも、似てると言われたら、ちょいとショックです(笑)

 

19歳の時、身長や体形がほぼ一緒だったのに、なんでこううなったのか?

 

ワタシは19歳の頃と比べると4キロほど増えています。

でも彼は…(笑)

 

 

明らかにディスってますが、彼はとても努力家なんです。

彼は芦屋で理容室を経営していて、あの阪神大震災で店舗が被災したあとも頑張っています。

 

 

同業の彼がなぜ定休日でもない日に来てくれたのか?

話を聞くと、お店を改装しているということで、その時間を利用してカットをしにきてくれたのです。

 

ビフォー写真を撮るのを忘れたのですが、来てくれた時は、四角いおっちゃんのシルエットだったので、ちょいと丸いシルエットにしてみました。

 

同業者のカットをするのって、緊張するのですが、実は二回目。

先に書いた阪神大震災の直後見舞いに行き、店の中で生活している彼の髪をカットしたのです。

 

 

子供が同い年なので近況報告をしたり、仕事の話をしたりと、楽しい時間を過ごしました。

 

同級生っていいなと思った一日でありました。

 

同級生

 

彼は芦屋で「ヘアーサロン・ビクトリー」というお店をしています。

一人ヘアーサロンで予約制となっています。

 

場所は、ブログやHPはないので、エキテンのページで確認してください。

 

ではまた♪

 

コメント