スポンサーリンク

奈良公園のイチョウの黄葉ともみじの紅葉

イチョウ

秋の楽しみの一つが紅葉の写真を撮ること。

ワタシが住んでいる東大阪は、京都や奈良へのアクセスがよくて、例えば、京都嵐山へは電車で1時間20分ほど、奈良公園の最寄り駅、近鉄奈良へは45分ほどで行くことができます。

京都も奈良もお気に入りの場所があり、あっちもこっちも行きたいけど、すべて回れないので、天気予報と色づき具合を調べてどこに行こうかと考えているのです。

日中暖かい日が続いているので、もみじの紅葉の最盛期はもう少しあとになるはず。

でも、黄葉のほうは一足早くやってきたり、桜も、もみじより早く色づきます。

てなことで、今日は奈良公園の紅葉・黄葉情報を書いてみます。

 

見たい景色は2か所。

一つはイチョウの黄葉。

あと一つは桜の紅葉。

 

奈良公園の東大寺大仏殿の近くに大きなイチョウが何本もあり、落葉が進むと金色の絨毯を敷いたような景色が見られます。

金色になるには、天気と落葉の程度、そして時間が大事でして、一つ欠けても理想の景色にはなりません。

昨年は、ちょうど良いタイミングで見られました。

それが下の写真です。

イチョウの黄色い絨毯

 

大きなイチョウで枝ぶりも立派なので、地面の土が見えないほど金色のイチョウの絨毯が出来上がっていました。

好きなものにとっては、ため息が出るような光景なのです。

 

では、今年の様子を見てください。

 

イチョウ

まだ、枝に残っている葉が多くて、絨毯にはなっていませんでした。

 

イチョウ

 

もう一つ見たいと思っていたのが、これもお気に入りの場所にある桜です。

今年の春、下のような景色を見せてくれました。

 

奈良公園の桜

 

景色の奥にはイチョウがあり、秋は赤と黄色の景色がみられるはず。

そう思い、行ってみたのですが、残念なことに、桜の葉は落ちてなくなっていました。

奈良公園

 

来年は、もう少し早くここに来てみようと思ったのでした。

 

イチョウがまだ黄緑のものが多いことでわかるように、紅葉の最盛期はもう少しあとになりそうです。

そんな中、撮ってきた写真を何枚か貼ってみます。

奈良公園の紅葉するもみじ

 

奈良公園の紅葉するもみじと鹿

 

紅葉の盛りのころは、朝は冷え込み、手袋がほしいくらいの気温の時が最盛期になることが多いので、例年通り今週末から今月末くらいが見ごろなんだろうと考えています。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

コメント