スポンサーリンク

奈良公園で赤と緑が混在する紅葉を楽しみたいなら今週末くらいが見頃かも

奈良公園紅葉

先週、テレビの情報番組で今が紅葉が見ごろだと聞き、足を運んだ奈良公園。

しかし、奈良公園の紅葉が見ごろになるまで、あと1週間か10日ほどかかりそうな感じです。

そのことを踏まえ、今週月曜日(2020/11/9)の奈良公園の紅葉情報を書いてみます。

 

例年、奈良公園ではもみじの赤の前にイチョウの黄色が先陣を切って色づきます。

奈良公園の所々にはイチョウの大木があり、色づいたイチョウを天気のいい日に見ると、金色に輝くように見えるのです。

 

しかし、お目当てのイチョウは下の写真のようにまだ青々としていました。

 

奈良公園のイチョウ

 

 

ただ、すべてが青々としていた訳ではなく、黄色く色づいている銀杏もありました。

 

奈良公園の色づいた銀杏

 

続いて、もみじの様子もお伝えしておきましょう。

こちらも、奈良公園全体で見ると、下の写真のような感じで、赤くなっているのは一部で、まだ早かったのです。

 

奈良公園の紅葉

 

でも、こちらもイチョウ同様に、気の早いもみじは綺麗に色づいているものもありました。

 

 

上の写真は、赤く色づいている部分を切り取ったものでして、周りのモミジはまだ緑の葉が多く残っていました。

それが分かるのが下の写真です。

 

奈良公園紅葉

 

ほんの数本だけ色づいていて、赤と緑が混在する秋の景色となっています。

真っ赤なモミジは問題なく綺麗だけど、緑や黄色が混在するモミジも美しいのです。

色とりどりのモミジを楽しみたいなら、今週末くらいが見ごろかもしれません。

 

最後に奈良公園内を歩いていて見かけたスナップを3枚貼ってみます。

 

 

 

 

 

 

最後の消火栓は、もみじの赤を探して歩いていて目に留まったのでした。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした。

前田

 

コメント