スポンサーリンク

一才桜 平成最後の開花

大阪は、今日、2019年3月27日に桜の開花宣言が出ました。

それに合わせるように、昨年(2018年)は花をつけてくれなかった『一才桜』が、ようやく開花してくれました

 

一才桜

 

桜は、枝を切ってしまうと、花がつかなくなってしまうことがあるそうで、『桜切るバカ 梅切らぬバカ』という言葉があるそうです。

この言葉を知ったのが、昨年、3本、4本と、知らぬ間に枝が折れていました。

その一切桜の状態を、植木が趣味のお客さんに見てもらった時でした。

 

 

枝が折れてしまったのが、影響したのか、昨年は花をつけてくれませんでした。

でも、来年こそは…

と思いながら世話をしていたので、喜びもひとしおです。

 

一才桜

 

毎日世話をして、やっと花を咲かせても、それはほんのわずかの期間です。

それだけに尊く、それだけに儚い。

 

桜はちり際が見事なので、侍の人生を桜に例えることがあります。

しかし、桜に例えられるようになる以前、松を侍の人生に例えていたそうです。

 

松は四季を通じ、姿を変えません。

その姿は、何事にも動じず、じっと耐えているように見えることから、その姿が武士として相応しいということであったそうです。

 

桜自体は姿を変えますが、花を咲かせるように世話をするほうは、毎日耐えるような心境です。

先日、引退発表をした大リーグ マリナーズのイチローさんが、とんでもないところへ行くただひとつの道は、小さなことの積み重ねしかない。

そんなことを話していました。

 

桜を咲かせるのは、「とんでもないこと」ではありませんが、花の世話も、小さなことの積み重ねではあります。

 

 

4月1日に平成の次の、新元号が発表になるそうです。

平成最後って、何でもつければ良いと感じて無かったのですが、平成の最後に咲いてくれてよかったと感じております。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

一才桜

 

コメント