スポンサーリンク

セミも熱中症になるのか?

クマゼミ

お客様が帰られるときでした。

店の玄関マットにクマゼミがいることに気づきました。

 

 

よく踏まれずにいたことです。

 

地面に落ちているセミは、残された時間が短いことを示しているのだと思います。

 

死んでいるのかも?

と思いながら触ってみると、羽根をバタつかせることはなかったものの、足を動かす元気は残っていました。

 

 

店先に植えているゴーヤに近づけると、つるを握り、上に登っていく動きを見せたので、そのまま様子を見ることにしました。

 

しばらくして様子を見ると、セミは同じ場所でじっとしてる。

 

最初、ゴーヤに乗せたときには届いていなかった日差しがセミに当たり、とても暑そうに見えました。

 

そこで気になり調べてみました。

ひょっとすると、セミにも熱中症があるんじゃないか? ということを。

 

するとですね。

セミも熱中症のような症状になることがあるというニュース記事を見つけたのです。

 

暑さに強いセミでも、35度前後の日が続くと、暑さに耐えられなくなり、危険な状態になると書かれてありました。

 

 

写真のように、地面に落ちていたのはクマゼミです。

きっと、セミの中でも暑さには強いはず。

 

でも、40度近い日がこれだけ続くのですから、もしかすると疲れているのかもしれない。

 

そう思い、店の中にあるコーヒーの木にとまらせました。

 

 

すると、葉の影に隠れる場所まで登っていきます。

きっとこれは、外敵から身を守るための本能なのでしょうね。

 

 

ここで動かなくなりました。

 

夕方になり、外でセミが鳴き始めたら、コーヒーの木を外に出してみるつもりです。

 

元気に飛んでいくといいんですがね。

 

 

以上、フツーの理容師

オーパス21の前田でした。

 

猫

 

コメント