スポンサーリンク

薄毛対策カットの講習で得られた引き出し

薄毛のカット

男性にとって大きな悩みの1つが薄毛ではないでしょうか?

 

年齢とともに髪が薄くなったり、毛量が減ってきたりする場合と、20代や30代の若い人でも薄毛の悩みを持つ方がおられます。

こんな悩みを持つ方にワタシたち理美容師が出来ることは、その方の髪に合わせたカットを行うこと。

そして、薄毛を治療したい場合の情報を提供することだと考えています。

この二つの知識を得るため、定休日に講習を受けてきました。

 

まずは、薄毛対策のカットです。

 

このブログでは、薄毛というカテゴリーを作り、薄毛対策のカットを紹介しています。

 

薄毛
「薄毛」の記事一覧です。

 

このこともあり、新規でご予約いただく際、毛量が… という悩みをお聞きしてからご来店いただくことがあります。

 

ここで一つ伝えておきたいのは、【薄毛に対するカット】という事で考えた場合、最低限の髪があることが前提となります。

残酷な言い方になりますが、髪が無い部分は工夫のしようがないため、どうしようもないのです。

また、カットしただけで、翌日から何もしないで良い。とはならないので、これも覚えておいてくださいね。

 

では、先日受けてきた講習の写真を元に、どの程度なら大丈夫なのか一例を説明してみます。

 

薄毛のカット

このモデルさんの場合、天頂部と前の生え際の地肌が透けて見える状態です。

部分的にはかなり進行して、地肌が透けています。

 

でも、前髪とトップのボリュームを作りたい部分に髪があるので、スタイルを作ることが可能なのです。

 

下の写真はこの日の講師がカットしたヘアースタイルです。

 

薄毛対応のカット

 

このモデルさんは癖毛です。

その癖を活かしたカットをされ、動きのあるヘアースタイルに仕上がっています。

 

 

次にもう一人のパターンも紹介してみます。

 

モデルさんは下の写真のような状態でした。

 

薄毛対応のカット

 

フロント、天頂部ともに髪はあるものの、ボリュームがなくペタンとしています。

それと比較して、サイドとバックは髪が長くの伸び、ボリュームが出ています。

このようなケースはよくあるんですよね。

 

このような方は、『横は良く伸びるんやけど、上と前が伸びない』とよく言われます。

でも、実際には横と後ろは正常で、前とトップの髪が伸びるのが遅いために、このようになってしまうのです。

 

このようなヘアースタイルが好みの方もいますが、ワタシ個人的には、あまり好きじゃないんですよね^^

 

では、講師がカットされたヘアースタイルを見てもらいましょう。

 

薄毛対応のカット

 

イイ感じになってますよね。

清潔感もあるし、スッキリしているし、断然、このほうがイイです。

 

ヘアースタイルって、好みが分かれるので、すべての人が100点となるものはありません。

なので、ワタシは良いと思っても、これはなぁ…

と思う方がいても、まったく問題ないのです。

 

 

薄毛のカット。

正直、簡単ではありませんので、今回の講習は、ワタシのカットの引き出しの数を増やすため、時間を作ってよかったと思っています。

 

次回のブログでは、AGA 男性型脱毛症の治療について書いてみるつもりです。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

前田

 

コメント