スポンサーリンク

城山三郎さんの『黄金の日々』は経済小説作家から見た戦国時代・本のレビューその1

お知らせ

☆ 完全予約制で営業しています。

当日ご来店の場合も、必ずお電話で空き時間の確認をお願いします。

☆ 自粛していたシェービングを再開しました。ただし、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向になると、再び自粛することがありますので、ご了承ください。

マスクをしたままでカット可能です。

受付時間
火曜日~金曜日 : AM 9:00~PM 6:30
土日祝日 : AM 9:00~PM 6:00

06-6781-6459

城山三郎さんの本

今日は、本について書いてみます。

パソコンを触る時間が増えるとともに、活字を読む時間が減り、大切にとっておいた本を処分するようになってしまいました。

今日、紹介する本も、処分してしまい、今になって後悔しています。

本のレビューを書こうと思い立ったとき、最初はこの1冊しかないと思える、ワタシにとって、とても印象深い一冊です。

 

タイトル : 黄金の日々

作者 : 城山三郎

時は戦国時代、一つの国だった堺の商人の目線で、全国統一をなした豊臣秀吉、その主、織田信長の生きざまや、戦国時代の歴史を教えてくれる本です。

 

 

主人公は堺の商人、ルソン助左衛門。

経済を制することで巨大な武力を持ち、国を栄えさせようとした信長は、中世からの脱却をもくろんでいたとも言えます。

その流れを汲み、さらなる商業立国を目指したように見える豊臣秀吉。

城山三郎さんが書くこの小説は、単純な歴史小説ではなく、経済小説の面を持っていました。

 

後に知ることですが、この本の作者『城山三郎』さんは、日本における、当時の経済小説の第一人者だったのです。

主に、経済小説を書かれている城山さんが、なぜ、歴史小説を書いたのか、本当の所は知りませんが、織田信長と豊臣秀吉は経済を熟知していて、経済ありきの国作りを考えた歴史上の人物なので、城山さんが興味を持たれたのではないかと想像しています。

 

この本を読んだことで、しばらく城山三郎さんの本を読み漁ることになりました。

 

城山三郎さんの本

 

ワタシが本を読むようになったのは社会人になってからでした。

 

修業時代、仕事がなかなか上達せず、気分的に落ち込んでいた時でした。

仕事が終わって寮に戻り、フラっと散歩に出かけた時、たまたま入ったのが本屋さんでした。

漫画は読んでいたので、少年マンガのコーナーを見るものの興味が沸かず、店内をブラブラしている時、たまたま目に留まったのが『黄金の日々』というタイトルの文庫本だったのです。

文庫本は安く買えたので、少ない給料の自分でも買えたんですよね。

 

当時、歴史にまったく興味がなかったのに、なぜか、この本を手にしたことで、戦国時代に興味を持ったのです。

この本に巡り合えたことで、読書に目覚め、一年に40~50冊ほど本を読むようになりました。

 

読書は、ワタシの考え方に変化をもたらしました。

歴史を読むと、今の時代に投影される部分が多くあります。

 

移り変わる時代の中で、人が何を考え、どのように行動したのか?

人はなぜ同じ過ちを繰り返すのか?

困難に立ち向かうとき、何を心の支えとしたのか?

 

色々な場面で、歴史は道しるべとなるものだと思います。

のちの世の人に、感動を与え、勇気をもたらしてくれるのは、時の覇者だけではなく、一生懸命生きた人たちだと教えてくれたのも本でした。

 

今思うと、本を買ったシチュエーションを今までまで覚えているのはこの本だけです。

約35年ほど前に買い、その後、何度も読み返したため、ボロボロになってしまい、今年、思い切って処分したのですが、今になり、ボロボロでも取っておくべきだったと後悔しています。

自分にとって、とても、とても印象深い一冊です。

 

黄金の日日 (新潮文庫)
新潮社
¥737(2020/07/24 16:55時点)
経済小説の第一人者、城山三郎から見た戦国時代の覇者、織田信長と豊臣秀吉、そして堺の町の関りを書いた歴史小説

コメント