ヘアカラー・毛染め

スポンサーリンク
ヘアカラー・毛染め

刈上げたショートヘアに白髪染めをしてもすぐ目立つのはなぜ?

梅雨に入ったとたんに湿度が高くなり、蒸し暑い日が続いている大阪です。 例年のように、暑くなると短くしてほしいとのリクエストが多くなってきます。 今日紹介するゲストも、暑さに対応するためのショートヘアがご希望でした。 前...
ヘアカラー・毛染め

白髪を目立たなくする『白髪ぼかし』ってどれくらい染めるの?

白髪ぼかし このネーミングを聞いたことのある方が少しずつ増えています。 聞いたことがあっても、何のことやら分からない方もたくさんいると思います。 そんな方に今日は、白髪ぼかしの実際の施術例を紹介してみます。 ...
HC塩基性カラー

ジアミンが入っていないHC塩基性カラーの染まり具合

毛染めの成分に入っているジアミンにかぶれる方、アレルギーのある方に対し、当店ではジアミンを含まないヘアカラーを用意しています。 少し前まで、ジアミンを含まないヘアカラーというと、マニキュアが主流でした。 マニキュアの場合...
HC塩基性カラー

パラフェニレンジアミンが入っていない肌に優しい毛染めをして1か月後の色落ち具合

当店で、ジアミンに負けてしま方ににおすすめしているのが『HC塩基性カラー』。 このヘアカラーは、黒髪を明るくすることができないので、明るい白髪染めは出来ません。 そして、HC塩基性カラーは肌には優しいものの、染まりが弱い...
ハナヘナ

ジアミンが入っていないハナヘナで髪を染め続けると、艶が出てきます

ジアミンアレルギー という言葉をご存知でしょうか? ドラッグストアなどで販売されている一般的なヘアカラー剤、そして、理美容室でも使われるヘアカラー剤の多くに『パラフェニレンジアミン』という成分が入っています。 この『パラフェニレンジア...
HC塩基性カラー

毛染めで痒くなったり、かぶれる方はノンジアミンのヘアカラー(毛染め)のメニューを用意しています

毛染めをして「頭皮が赤くなったり」「痒くなったり」「かぶれたり」する人がいます。 そうなってしまう理由のほとんどは、ヘアカラーの薬剤に入っている成分による「アレルギー」です。 毛染めアレルギーの一つの原因となるのが『ジアミンアレルギー』...
ヘアカラー・毛染め

白髪染めをやめて、白髪が目だってもヘアースタイルに制限はありません

ここ最近、「白髪染めをやめる」という文字を雑誌やネットで見かける事があります。 白髪染めって、一度始めると止め時が難しいと多くの方が口にされます。 その理由として挙げられるのが、白髪染めをやめることにより印象が変わってしまう。 ...
HC塩基性カラー

プロが教えるカラーリンス・カラートリートメントが染まりやすい効果的な使用方法

カラーリンス、カラートリートメントをプロの理美容師が使うなら、こうする、という方法を管理人が染めた写真を使って紹介。色の定着をよくするコツは、保温してから冷ますこと、そして放置時間などを具体的にお伝えしています。
ヘアカラー・毛染め

白髪を目立たなくする毛染め『白髪ぼかし』は時間が短くて済みます

30代に入ると結構な割合で出てくるのが『白髪』。 この白髪ってやつは、自分で見えるところから出てくることが多いのです。 例えばこの方の場合、前髪とサイドの白髪が目立ちます↓ 一例として写真を貼っ...
HC塩基性カラー

ヘアカラー・毛染め・白髪染めでかぶれた経験がある方にオススメの「HC塩基性カラー」

HC塩基性カラー という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ややこしいことは置いといて、このヘアカラーの一番の特徴は、一般的な毛染めの薬剤に含まれている「ジアミン」というアレルギー成分が入っていな...
スポンサーリンク